4つのNotを超えて大事な0から1へのステップに進もう

どうもこんにちは、コバタカです。

今日は初めてでもわかるコピーライティング、

4つのNotを使いましょうということで、
コピーライティングで最も大事な4つのNotのお話をしていきたいと思います。
下記動画で詳しく語っています。

下記はその書き起こしです。

まずなんですが、
これは前提として認識してほしいのですが、
見込み客には4段階あるということです。

インターネットビジネスをやる場合においてですね、
見込み客を理解するということは非常に大事です。

そして大まかに分けると、
見込み客の商品を購入するにあたった時の段階ですね、
4段階あります。


これはどういうことかというと、
商品に対する印象は人それぞれであるいうことですね。

商品を紹介した時に
「これも。あ、これも買おう」と思う人と
「んー、これなんかいいのかな」って、思う段階の人って、
当り前だけどいますよね。

興味を持つ人もいれば
興味を持たない人もいる。

買いたいけど買わない人もいれば
買いたくて買う人もいる。


このようにですね、
見込み客には様々な段階があるということです。


で、コピーライティングの世界では
これを4つのNot 段階というわけですね。


4つのNotなんですが、
見込み客には
Not Openの段階。
開かない、まず開きもしない段階。
Not Readの段階、読まない段階。
Not Believeの段階、信じない段階。
Not Actの段階、行動しない段階。


コピーライティングの世界では、
主にこの4つに分けられるわけです。


では、一つ一つ説明していきます。


Not Open。

これは見込み客がアクセスさえしない。
クリックさえしない。
そもそも気づいてもいない、興味が全くない。


この様な段階ですね。


なので、当然なんですが、
僕らビジネスをやる場合において
アクセスをしないお客様に、
商品を売るということは不可能なんですね。


なので、僕らがまずやらなければならないということは、アクセスさせること、
つまり認知させることなんですよ。


自分たちの存在を知らしめること、
知ってもらうだけでいいんです。


中身がいいか悪いかなんて、
まだどうだっていい、
とにかく俺のことを知ってくれと。


認識してくれ、この段階ですね。


自社の商品を認識させる、
まずはこれから入るべきなんですよ。


ちなみにこれは大手の会社というのはこれをやっています。
テレビCMによって、多くのお客様に認知させているんです、まず。


僕らっていうのはCMを見た瞬間に、
購入にたどりつくってことはないですよね。


しかし認知させることによって、
Not Openの段階は越えられてるんですよ。
大手の会社がテレビCMをうつことによって。


なので僕らっていうのも同じことをやらなきゃいけなくて、
まずは認知させなければなりません。

なので商品の告知をしたりだとか、
ブログで商品の説明をしたりだとか。


まずはそういった風に、
自分のことをたくさん知ってもらえるようなことを
やって行かなければならないんですね。


次です、Not Readの段階。

じゃ知ってもらいましてよと、
いろんな人に知ってもらいました。

しかし商品が売れません、どうすればいいのか。

読ませなければならないわけです。
自分のことを知ってもらわなければならない、深く。


「あいつ名前はなんだっけな、名前は知ってるよ」
っていう段階なんですよ、今は。


「あの会社なんだっけな。ああ、ああいった商品はあるよね」
ぐらいは知ってるんですね、お客様は。


ではなくて、

「ああ何だろうあの商品なんか面白そうだな。
じゃちょっとどういう商品か見ておこうか」
ぐらいのレベルにまで、持って行かなければならないんですよ。


これはNot Readの壁を超えることですね。


まだ読まないんです、Not Readなんです。


読まないので、読ませなければならないわけです。


なので、読まない、読みたくない、頭に入らない、
この段階を越えなければならない、この段階を超えない限り、閉じてしまう。


つまり見られなくなってしまうんですね。


読まれなくなってしまうんです。


それはダメですよ。
なので、僕らというのは、
常のNot Readの壁を超えるように、努力しなければならないんです。


Not Openの壁は越えました。
じゃ次は、Not Readの壁を越えて行こうということですね。


次は、Not Believe。
これは信じない段階です。

信じることができない段階、理解できない段階、共感できない段階です。

なので次は、お客様に対して、信じ込ませなければならないわけです。
自分たちの商品は本当に良いんですよと、信じさせなければならないんですね。


今までNot Open、アクセスさせました。


アクセスの壁を超えました。
Not Openの壁を越えて、アクセスさせる壁、アクセスさせました。
Not Readの壁を超えました。
読ませる壁を超えました。


じゃ次はNot Believeの壁を越えなければならない。
信じさせなければならない、共感させなければならないんです。

そうしなければ閉じられてしまうんですね。
見られなくなってしまう、信じてもらえなくなってしまう。


これはだめなんですね。


自分の商品がいかに良いかを説明しなければならない。
説明して説得しなければならないです。


次Not Act。
Not Believeの壁を超えましたと、
次はじゃあ購入してもらわなければなりません。
これがNot Actの壁を超えるということです。

今決定できないんですよ。
決定できない段階なんですね。
行動できない段階なんですね。
購入できない段階なんですね。
めんどくさい段階なんです。お客さんは。


あるじゃないですか。
これ欲しいなと思っても、
購入に至るって、
結構ね、エネルギーが必要ですよね。


だから、このエネルギーをお客様に、
作らさなければならないんですね。
Not Actの壁を超える。


決定しなければ当然、購入はできないんですよ。


けど、信じてはいるんですよ。
今まで3つのNotを超えてきたから。


Not Open・Not Read・Not Believeの3つのNotを超えてきた。


あと最後にひとつなんですよ。


Not Actの壁さえ、越えさえすれば、商品は売れていくんですね。


ただ、このActの壁を越えさせなければ、
閉じてしまう、見られなくなってしまうんです。


4つの心理障壁を超えていく。
ビジネスをやっているのであれば、
この4つの心理障壁を、


お客様の見込み客の
4つの心理障壁というものを
超えて行かなければなりません。


ですが、まずは、
Not Openに全てを注いでください。


儲かっていない中小企業、
商品が売れない中小企業というのは、
そもそも認知されていません。


それの理由はこれです。
Not Openに全てを注いでいないから。


中小企業、儲かっていない。
中小企業の社長が何を考えているのか、
「うちの商品は知って貰えれば本当に良い物なのに」
と言ってるんですね。


そんなことは知っているんですよ。


中身が良いか悪いかなんてどうだっていいんですよ。
まず知らさなければならないんですよ。


知らせない限り売れることは絶対にありません。
知らない商品を買うなんてことはあるわけないでしょう。
という話ですよ。


なので、Not Openに、
全てを注ぐというのはが、かなり大事になってきます。
そしてNot Openを超えていない人がほとんど。


とんちんかんなんですよ。
いきなり、Not Actさせるとか、
買わせようとするとかね。


商品説明をしてない、良いか悪いかも分からない。
そもそも読んでもいない段階の人に、売ろうとしてる。
それは売れるわけがない。
ということです。


ちゃんと説明していかなければならない。
その段階を作っていく必要があるんですね。
一つずつ超えていきましょう。


まずはNot Openを超えればいいんです。


次Readを超えればいいんです。


次Not Believeを超えればいいんです。


最後にNot Actです。


いきなり売ろうとしてはいけません。
いきなり売ろうとしたところで売れるわけがありません。


特にインターネット上で商品を売るのに、
売れるわけがないとういうことです。


超えたらまた新たな敵が。。。
と書いたんですが、

Not Openの壁を超えたら、
Not Readの壁が出てくるし、
Not Readの壁を超えたら、
Not Believeの壁が出てくるわけですね。

こんな風にですね。
どんどんどんどん新たな敵が出てくるということです。

ですが、一番大事なのはNot Openに全てを注ぐということです。


これは、これまでの4つのNotのお話すべてに当てはまります。
ビジネスでも恋愛でも当てはまります。


今までビジネスのお話は散々してきましたよね。
知られなければ商品が売れることはないというわけです。


これ恋愛でも一緒です。


知られなければ付き合えるわけがない。


知られましたと、知られた。
次は興味をもたれるかどうかですよね。


Not Read、自分を呼んでもらえるか?
過去に興味をもたれるかどうか。


その人って、どんな人なのと思われるかどうか。


思われたら、
この人いいなの、Not Believeの壁を超えられるかどうか。


最後にデートしたりとか、
付き合ったりとかに至りますよね。


Not Actの壁を越えて、
最後に付き合ったりとか
デートしたりとかに至るわけです。


つまり本当にすべてに当てはまるんですよ、これは。


最初に興味をもたれない限り商品が売れることも、
その後に何かが進展することはないということです。

というわけで、
コピーライティング4つのNotのお話はここまでです。


ビジネスでも恋愛でもですね。
どんな場合にも、当り前ですが、
同性間のコミュニケーションでも、
すべてに当てはまります。


本当にね。
ビジネス以外にも使えるので、
是非是非、活用してくれたらなあと思います。


ということで、
ありがとうございました。

関連記事です。

演出が凝ってる素晴らしいカフェに行ってきました。実は料理が非常に美味しいという。演出の勉強になりますよ。
コピーライティングというは演出力なので、ぜひ具体的な事例なので、参考にして下さい。
ヴァンパイアカフェ(銀座)怪しさ満点!非日常の世界観、演出が大事だと思った件

コピーライティングの記事まとめです

 


 

【メルマガ登録者限定】

ビジネスの基礎がすべて身につく実際にコバタカが使っている手法を余すことなく大公開している有料セミナーをプレゼント!!!

メールマガジンの登録はこちら