マーケティングでもブランド構築でも重要なUSPをビジネスの視点で語る

はい、こんにちは、コバタカです。

初めてでもわかるコピーライティング。

ブランド構築で大事なUSPということで、

この動画でUSPについて語っています。

下記は書き起こしです。
今日はUSPについてお話していきたいと思います。

USP。

USPとは、自社、自製品のみが持つ独特の強みのことです。

この時のポイントは自社のみ、自社のみが持つ独特の強みのこと。
「独特」と「のみ」がポイントですね。


USPは、Unique Selling Proposition。
Uniqueっていうのは独特な、
Selling Proposionっていうのは、売れる提案。

Sellingっていうのは、セールスポイントのSelingですね。

これらの頭文字をとったもの、これがUSPです。


USPというのは、数ある機能の中でも、目玉の部分ですね。

特長と書きましたけど、

この長の部分なんですが、
特徴というのは、長い方ですね。
長い方の特長です。

特に長い部分という、ことですね。


このUSPというのは、マーケティングにおいても、
当然、ブランド構築においてもとても重要なんですね。


これはですね。
インターネットビジネスするにおいても、
とても重要なわけなわけです。


例えばせどらー。
せどらーが言った時にですね。
私はせどりを教える情報発信をしています。


これだとですね、いっぱいいるんですよ。

せどりを教えます。って人は、沢山いるんです。
アフィリエイト僕はできます。
アフィリエイトを教えていきます。

これも沢山いるんですね。
じゃああなたには、何ができるんですか?
と、言うことなんですよ。


この独特の強みというのを出していかなければならない。


ライバルとの関係において、
圧倒的な存在にならなければならないんですね。


ブランド構築においては、
差別化しなければならないわけです。


ビジネスというのは、
ブランドをどんどんどんどん作っていく。
ということに他ならないわけですね。


自分のビジネス、自分の会社、自分の事業をですね。
他社のライバルとの中で、抜きんでなければならない。

というわけで、
一種のブランドといったものを作らなければならないわけです。

差別化しなければならないわけです。
その為にはいろいろな要因があります。

値段なのか?
サービスなのか?
希少性なのか?


これらの様々な要因を作ってですね。
ブランドを構築しなければなりません。

「アフィリエイトを教えます」
これだと、やっぱり、誰でもできてしまうので、
アフィリエイトと例えば、せどり。


アフィリエイトとせどりを混ぜて、
代理店販売という領域まで、持って行った情報発信をしていきます。

となると、
この人の発信面白そうだな、
他の人にはないなとなるわけですね。


そこにブランドができる。
USP、Unique Selling Propositionができるわけです。


だからこそ、僕らはですね。
差別化しなければならないですし、

どんどんどんどん自分のですね。
新たな領域というものを作って行かなければならない。

他のライバルとの関係において
抜きんでる、領域をですね。
作らなければならないわけですね。


だからこそUSPを作って行かなければならないということです。


最後に復習です。
USPとはこのことです。


USPとは自社製品が持つ独特の強み。
マーケティングにおいても、
ブランド構築においてもとても重要です。
ということでした。

今回はUSPのお話でした。

僕、コバタカはですね。
ブログ、メールマガジンyoutubeチャンネルなど運営しています。
その中でもメルマガの中ではですね。
チャンネル登録しているだけでは見れない動画や音声などなど、
メルマガ読者限定のコンテンツなども配布しているので是非是非登録お願いします。
今日は、ぱぱっとお話しましたが、この辺で終わりたいと思います。

ありがとうございました。

コピーライティングの記事まとめです

ムスカやもしドラを例に出して、ドラマやアニメのプロデューサーが何を考えているかを紹介しています。
【素材】Webコンテンツ作りに役立つ素材制作と素材加工と素材配置

 


 

【メルマガ登録者限定】

ビジネスの基礎がすべて身につく実際にコバタカが使っている手法を余すことなく大公開している有料セミナーをプレゼント!!!

メールマガジンの登録はこちら