1日1食をゴールに!まずは朝食を抜くことで得られるメリット

まいどコバタカです。

半世紀以上生きて、最大に驚いた習慣として、食生活があげられる。。
1日1食にすれば、人生のコスパが良くなる。という事実。

1食だったら腹減るよ。となるなら、2食でもいい。
3食、食べなければ、身体はダメになる。

などというのは「常識」に過ぎなかった。

常識に疑いを強く抱くようになったのも、去年から少食に移行して、
その結果がとんでもないほど良かったというのがある。

ちなみに僕は、食事することはかなり好きである。
いや、好きであった。54年間は。

特に脂の載った本マグロが好きである。

肉より海鮮。
たまに肉も食べたくなるけど、魚の方が好きだな。

美味しい魚と日本酒でも飲めたら最高だ。

少食を実行した今でも、大トロ、中トロも好きだし、ステーキもまあ好きだ。

いや、むしろより好きになったかもしれない。

食べることで、素材の美味しさを以前より知れるようになったかもしれない。
というわけで少食の魅力はたくさんある。

もし、少食を実践するのなら、できることから少しづつやっていこう。

ではまず朝食を抜こう。

朝食は少しだけ食べないと脳に血が回らない。

何てことは全くなかったので、すぐやめよう。

おそらく朝食ほどなんとなく食べてるものはないだろう。
僕の経験から言うと、昼や夜はかなりお腹が空くかもしれないが、
朝っぱらからお腹が空きまくってる。

腹減りまくってるということはほとんどない。
実際クライアントの会社に、この少食をかなり教えているが、
ご飯って必要最低限でいいんだな。

ということに気づいてくれる。

朝食を抜くことで得られるメリットとして、なんとなーくレベルのことを
毎日知らず知らずのうちにやってるということがある。

朝食を抜いた人的には、
抜いてみたら、

なぜ何十年もこれを食べてたのかわからない。

と言っている人が実に多い。
朝食を抜いたら、食事をするときはよく噛むようにする。

具体的には40回くらい1噛みごとに、する。

そんなにやってたら日が暮れるわ。

と思うならまずは 1日1セットでもいいから、
その40回噛むのを実践すれば良い。

大きな少食生活もその小さな一歩からだ。
で、咀嚼をある程度毎日できるようになったら、次は

今まで腹10分目まで食べてたのを、腹8分目にする。

この3つだけでも相当身体は変わる。

特に集中力があがり、眠気が減ること間違いなし、と実際に思うのだ。