最近の記事

  1. はい、まいど小林です!

     

    今日は、コピーライティング入門の講座を行って行きます。

    どうぞ、よろしくお願い致します。

     

    という事で、まずコピーライティング講座なんですけれどもコピーライティングって言うのは、どういうものかって言う事なんですよね。

     

    コピーライティングとは

    コピーライティング言葉の力で伝えたいこと伝えられるスキル

     

    簡単に言ってしまうと伝えたいことを伝えられるスキルって感じです

     

    どう言う事なのかと言うと、簡単に言ってしまうと、人を動かすことができるスキルなんですよ。

     

    伝えたいことをしっかり伝えて自分が欲しいこととか、お願いだったりとか、しっかり聞いてもらえるようにするスキルでもあり人を動かすことができるスキル何ですよね。

     

     

    人って言うのは、お金か言葉

    コピーライティング言葉の力で伝えたいこと伝えられるスキル

    人って言うのは、お金か言葉のどちらかで動くんです

    どちらかでしか動かないって感じなんですけど人を動かす時には、人をお金か言葉で動かします。

     

    例えば、

    アルバイトの時とかも自分が労働者の立場であれば、だいたいお金で働いていると思うんです。

     

    お金を貰えるから働くって言うのが普通だと思うんですけども恋愛とかで人と一緒に絡む時とか家族関係でしたら、やっぱり言葉、友達とか遊ぶ時とか動く時とか全部、言葉なんですよね。

     

    言葉で動いていると思います。

     

     

    私も外注さんを雇っているんですけど、その従業員さんを動かす時に使っているのが、お金か言葉、両方を使っているんですよね。

     

    もちろんお金を払って記事だったり書いてもらってますし、あとは言葉を使って人を動かしているんですよね。

     

    褒めたりすることによって嬉しいな楽しいなっていう風にモチベーションを上げてもらうって言うことが出来るんですよ。

     

    モチベーションが湧くと、やってくれたりするんですよ。

     

    私がして欲しいように動いてくれたり楽しいなって思って貰えるんですね。

     

    インセンティブで動くって言うよりも言葉で動かした方が、その人のモチベーションだったりが上がったりとか、あとはやっぱり人間関係がすごい良くなるんですよね。

     

    すごいお互いにいい気持ちで働くって事が出来るんですよ。

     

    コピーライティングって言うのは、伝えたいことを伝えるスキルって言って来たんですけど実際にコピーライティングって言うのは言葉なわけなんですけども

     

    コピーライティング言葉の力で伝えたいこと伝えられるスキル

    言葉って言うのはコミュニュケーションなんです。

     

    このコミュニュケーションっていう技術って言うのがコピーライティングって言うわけなんですよね。

     

    なのでコミュニュケーションっていうのは学べる訳なんですよ。

     

    私も実際にコミュ障だったんですよ。

     

    コミュ障で、ず~っと非モテだったし人間関係もすごい苦手だったんですよね。

     

    友達も作るの苦手で会話をするって言うこと自体が結構ハードルが高かったんですよ。

     

    でも、こも伝えたいことを伝えるスキルって言うコピーライティングを学んだ事によってコミュニュケーション能力がアップしたんですね。

     

    アップしたら、すごい恋愛関係も良くなったし仕事関係でも上手くいく、すごい感謝されるようになるんですよ。

     

    お金を払う立場であるのに、その外注さんだったりとかにすごい感謝されるとか一応コンサル生って言う人がいるんですけれども教えている人がいて、そういう人達にも凄い感謝されるようになったんですね。

     

    コミュニュケーションっていうのは学べるんですね。

     

     

    アパレルでバイトをしてた時、売れる時と売れない時

    コピーライティング言葉の力で伝えたいこと伝えられるスキル

    バイトしていた時に本当にコミュニケション能力が低かったんですよ。

     

     

    売れる時オファー上手、売れない時オファー下手

    アパレルでバイトしていたんですけど、その時に売れる時と売れない時があったんですよね。

     

    本当に凄い時期があって売れる時と売れない時にめちゃめちゃわかれたんですよ。

     

    本当に全然売れないな-って時もあれば、今日はめっちゃ売れる時もあったんですね。

     

    売れる時って言うとは、凄いオファーが上手かったんですよ。

    オファー上手。

     

    売れない時っていうのは、オファーベタなんですよ。

     

    オファーが凄い下手だったから売れなかったんですね。

    ってことにコピーライティングを学んだから気づいたんですけど。

     

    例えば、

    お客さんが物を買う時ってどういう時かって言うと感情が動いた時に物を買うんですね。

     

    例えば、

    この洋服かわいいと思っていて試着をして、あぁ凄い自分に合っていると思ってテンションが上がる。

     

    どういう風にテンション上がるって言うのは、本当に感情が動いた時なので感情が動いた時に買うんです。

     

    それって言うのは、どんな時でもそうで一目惚れとか結構するじゃないですか、女の子だとウインドウショッピングをして一目惚れって言うのあると思うんですけど、あれってテンションだったりワクワク感だったり着て彼氏に可愛いって言われるだろうな~みたいな、妄想、そういう物が本当に感情を動かしているんですよね。

     

    購入するときって言うのは、最初から全く欲しくなかったとしても色々と店員さんが話しかけてくれて試着をしてみるんですよ。

     

    最初は、ただの黒いニットとか着ていたんですけど店員さんが、こちらの方が似合ってますよとか、このブルーの方がお客さんには凄いお似合いですよとか、めちゃいいですね似合ってますよ、可愛いって言われると、だんだんテンションが上って来るわけなんですよ。

     

    いつの間にか欲しくなってしまって買ったりする。

    それって言うのは、店員さんのオファーが上手いですよね。

     

    で、それって言うのは、相手の心理、相手のニーズを満たして上げる欲求を満たして上げている

     

    欲求を満すのが上手いって事なんです。

     

    逆にめちゃめちゃ下手な店員さんっているじゃないですか。

    接客されているんのに凄い機能を言ってくる。

     

    似合ってるとか可愛いとかを言ってくれるんじゃなくって、このスカートはテプラムだから凄い可愛いですよとか、何かふんわりしていて可愛いですとか、その機能を言ってくる人とか、いるんですけど、そうすると別にそこじゃねーし、みたいな。

     

    別にイメージとか言って欲しいのに洋服が持っている機能だったりを言うんですよ。

    オレンジだから明るくて鮮やかになりますよとか、んまぁそうなんだけど別にそうだけどみたいな。

     

    何かそういう風に説明とかされるてしまうと凄いテンションとか下がる訳なんですよ。

    下手だな~って思ってしまうんですよね。

     

    こちらのテンションを上げてこない凄い説明ばかりされてテンション下げてしまう。

     

    そういうオファーされてしまうと、うーんちょっと違うんだよなーって言う風になって最初は欲しいなーって思っていてもいらないなって風に変わってしまうんです。

     

    そういう風に言葉って言うのは、売ることも出来るし逆に人の感情を盛り下げる事もできるんですね。

    相手のベネフィット、相手にとってのベネフィットを伝えて上げられる時って言うのが売れる時なんです。

     

    それを伝えるためには、どうすればいいのかと言うと、やっぱり相手をリサーチする。

    相手の心理を考えることが大事でアパレルの場合であれば、やっぱりお客さんと会話する事が大事なんですね。

     

    会話の中で相手の好みだったりとか、なりたいイメージって言うのをどんどん知って行くことが重要なんです。

     

    たとえば、洋服を買うにしてもデート用なのか私服用なのか仕事用なのか、それだけでも全然変わってくる訳なんですよ。

     

    仕事であれば動きやすくてやっぱりカッコいいの着たいなって思っているかもしれないしデート用であればやっぱり彼氏に可愛いなって言ってもらい、そういうなりたい像がある訳なんですよね。

     

    そういう物をリサーチして相手がなりたい像って言うのを相手のベネフィットになる部分「これを着れば本当に彼氏に可愛いって言われますよーー!」って感じで提案とかして上げると喜んでくれるわけなんですよ。

     

    やっぱりこのコピーライティングって言うのは、伝えたいことを伝えられるスキルって言う部分ではあるんですけれども、やっぱり人を動かすためには、まず相手を知るって言うのが凄い重要なんですね。

     

    相手の心理を凄い考えて相手にとってベネフィットになるって事を言って上げる。

    これも凄い1つの「型」になるんですよ。

     

    本当に、これめちゃめちゃ本質の部分でコピーライティングの型でベネフィットって部分があるんですけど今回はそれについての解説をしている訳なんですけれど、やっぱりベネフィットを伝えることによって相手を凄いいい気分にさせて行くってことができるんですね。

     

    相手の欲求を満たしてあげるってことができるんですよ。

    そうなると売れますよね、ってなるんですよね。

     

    こうやって人を動かすことができるんです。

     

    アパレルのようにベネフィットを使うこと相手にとって何がベネフィットなのか。

    メリットのメリットですよね。

     

    を考える事によって相手を動かすことができる。

    相手の欲しい物が提案できる。

     

    そうすると感情を盛り上げることができて、そこで売れるって感じですかね。

     

    こういう風にコピーライティングを使って行くと簡単に物を売ることができたりとか、あとはコミュニュケーション日常の恋愛とかの彼氏が嬉しい言葉とかを掛けて上げることができるんですよ。

     

    彼氏は、どういう事を好きなのか相手が嬉しいっていうような言葉を掛けて上げることができるようになるんですね。

     

    そうすると人間関係が良くなりますよね。

    恋愛関係も良くなるし仕事関係も良くなる。

     

    友達とかの付き合いも良くなる。

    そういう風に、どんどん良くなるんですよ。

     

    本当に、このコピーライティングって言う伝えたいことをしっかりと伝えられるスキルを持つ事によって人間関係とか色んな面で変わるんですよね。

     

    なのでコピーライティングって言うのは凄い学んで頂きたいと思いますし、やっぱいオファー上手になる。

    コピーライティングを学ぶとオファーが上手くなるんですよ。

     

    で、人って言うのは、お金だったり言葉のどちらかしか動かないんですよね。

     

    なので、オファーが上手くなると言葉が上手くなり言葉が上手くなる。

    言葉が上手くなるとコミュニュケーションも上手くなりますし人を動かすことができるようになるんです。

     

    こうやって人を動かすことができるようになるので、コピーライティングって言うのは重要なんですよね。

     

    やっぱり人間関係が凄く良くなるスキルですし本当に人生においていいことばかりですよね。

     

    恋愛も上手くなれば仕事、営業だって上手くなるしなんでも自分がいいなって物が売れるようになる。

     

    そうしたら本当にお金も稼げるようになりますよね。

    コピーライティングを学ぶって事は、最強のスキルなんですよ。

     

    学んでしまえば文章を書く上でも物は売れますし、しゃべるだけでも物は売れる。

    そうなると本当に最強なんですよね。

     

    コピーライティングって言うのは最強のスキルで、それだけで食べれるスキルって部分なので、どんどんやっぱりコピーライティングって言うのは学んでいただきたいなと思います。

     

    って所で今回のお話は以上になります。

     

    今日は、コピーライティングですね。

    伝えたいことを伝えるスキル感情を持った通りに動かして行くスキルって言う部分で学んで頂きました。

     

     

     

     

     

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。