よくわからないけど異世界も怖いし、自信もない

はい、まいどコバタカです。

 

僕は本質的なネットビジネスを教えてもらってから、
約3年経ちました。

 

そして、
今の自分と、昔の自分が全く異なってるし、
見える世界が全然違うと感じています。

 

それは、
日々生きる時にも、
露骨に出てきていて、

 

ビジネスをする時以外にも、
反映されています。

 

具体的には、
まず人の反応が良くなりましたね。

 

昔だったら、
話も聞いてくれない人が、
話を聞いてくれるようになりました。

 

それは、僕の自信から来てるんでしょうね。

 

自信ない人の話なんて聞きたいと思いませんよ。
最初は嘘でもいいから、自信を見せるべきです。

 

それでもきついなら、
自信を得るために1歩前に進むべきです。

 

自信は結局、何かをやらないと、
得ることができません。

 

膨大な練習、
試行錯誤することで、
自信を得ることができるのです。

 

繰り返し、淡々とやるだけなのです。

 

自信ってのは、
プライスレスだと思ってます。

 

僕は、ビジネスを始めて稼ぐまでの間、
虚構の自信だけで生きてきました。

 

何をするにしても、
強がってる感じです。

 

虚構なのです。
本当の自信なんて、どこにもありゃしないわけですね。

 

そりゃそうで、
何もやってきて、ないわけです。

 

やるって言って、
実際やらないなんて、
日常茶飯事でした。

 

本を読むって言って、
図書館で借りても、
読まないで返す。

 

おまけに延滞金も取られて、
余計に惨めな思いもしました。

 

本当に昔しょぼかったなあ。

 

何も世界を知らねえ。
しょぼすぎます。

 

世界なんて知ってるわけないんですよ。
だって何もやってないだもん。

 

やらなきゃ世界は見えないし、
異世界にも入れない。

 

自分の世界が鬼のように狭いわけです。

 

狭い世界から抜け出す方法は、ただ一つ。

 

異世界と絡むことです。

 

当時、お掃除屋さんだった僕にとっては、
ネットビジネスの仕組み作りの世界は異世界でした。

 

ワクワクすると同時に、怖かったです。

怖いですよね。異世界。

 

知らねーから。
怖いよ、それはそうだ。

 

けど、怖いってのは、気のせいみたいなものです。
怖くてもやってしまえば大したことない。

 

失敗したらどうしよう?
大丈夫さー。

って感じです。

 

ネットビジネスは、失敗ってないです。
やらないのが失敗なのです。

 

やらずに、悩む。
その時間が失敗。

 

始まらないですからね。
異世界は、みんな最初はビビりますけど、
やってしまえば大したことないですよ。

 


 

僕は月収にして500万円を稼いでいます。
ですが、
月収500万を稼いでいますというと、
超絶怪しいですよね。
お前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕コバタカが慣れて、そして月収500万を稼ぐための過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれた僕コバタカの行動理念

 


 

僕が稼いだコバタカの月収500万物語の続きを読む

●貧乏のコバタカがお金に困らなくなった物語

●コバタカがどうして月収500万になったのか?

●なぜ 1秒も働かなくても利益が出るのか?その仕組みは?

●20代で10億円稼いでいる人間はどんな人間なのか?

>>詳細が気になる方はコチラをクリック