どーもこんにちは。コバタカです。

普段は、アフィリエイトや、転売等について書いてるのですが、
どーも、刺激が足りないという意見が多かったので、
別の話をしていこうかなーと。

実際は、
国債等の金融の話とかは、マーケティングにめっちゃ影響するので、
別じゃないんですけど、
少なくともテクニックとか、そうゆう話ではないですね。

金融の中でも、国債の話をしていこうかなーとおもむろに思ったので、書きます。
このブログは、アフィリエイトやりたい人とかが読んでると思ってますけど、
そういった、金融の初心者の人でもわかりやすく書いていこうと思います。

そもそも国債って何さ?
って話から。

政府(国家)が発行する金券のようなものです。
これを国債と呼びます。
ちなみに、地方公共団体が発行する地方債というものがあります。

これを外部組織に利子付きで売却します。

例えば、銀行や、民間企業に売却して、
政府はお金を得て、銀行等は、利子を得る。

これを日本の政府は、発行しまくっているが故に借金だらけと言われます。

このぐらいまでは、一般常識だと思いますが、

問題は、ですよ。
銀行は、国から、国債を買い取るわけですよ。

しかも利子付きで買います。
それが年利1%だとしましょう。

国債を1億円で買ったら、一年後には、1億100万円で国債を売る事が出来ます。

銀行は、この1億円をどこから得ているか?
ということが問題なんですよ。

これは、当然我々市民の預金から調達しているわけです。
僕らが、銀行に預けたお金で資金運用しているわけです。

そして、僕らは、利子をどれくらいもらえるか?
約0.02%。。。。。。

1億預けて、やっと2万円。

これは、銀行が儲かるわけだ笑
100万得て、2万払ってるから、ざっと98万の利益。

この話から何を学んでもらいたいかというと。
僕らは、銀行に預けているだけでも超小利子で資金運用していているということです。
言い方を変えれば、銀行に出資しているという事です。
見返りとして、0.02%の利子をもらえるわけですから。

銀行に預けるというのは、資金運用しているということと本質的に同じという事です。
そして、銀行は、政府から、国債を買って、国債の利子を常に得ているというわけです。

故にですね。
「資金運用は無理だ」
「投資なんて関係ない」

このような発言は非常にもったいないし、危険だと思います。

銀行に預けてさえ入れば、間接的な資金運用してもらってるわけですから。

普通の人と言うか、いわゆる学校教育だけを受けている人は、あまりこんな風に考えません。
このような考え方には、至らない理由の多くに、銀行はつぶれないというのがありますね。

「投資や資金運用というものは、本来リスクがあるもの。」
これが一般的な考え方なので、銀行がほとんどつぶれないという事から、
銀行には、あくまで、預けているだけで、運用してもらってるとは考えないということですね。

しかし、
銀行がつぶれないというのも絶対ではなくて、
企業の連鎖倒産から、銀行がつぶれた事例もあります。

他にも、
日本は、アメリカの国債の債権国の話とか
財政破綻からの預金封鎖とか、
ネタはありますが、今日は、一番言いたいこと言えたので、この辺で。

要約。
資産運用はみんなしているから、考え方として、触れてみてもいいかと。

p.s.
FXをノーリスクでやって、さらに絶対にお金をゲットするサイトを紹介しています。
ぜひ使って下さい。
普段から使えるサイトです。
お小遣いサイトを丁寧に説明してみた


 

【メルマガ登録者限定】

ビジネスの基礎がすべて身につく実際にコバタカが使っている手法を余すことなく大公開している有料セミナーをプレゼント!!!

メールマガジンの登録はこちら