人と関わる場所において使える自己実現論マズローの欲求5段階説

はい、まいどコバタカです。


今日はですね、
コバタカがマズローの欲求5段階説をですね、
具体的な事例を絡めてマーケティングに活かそう
ということでお話していこうと思います。


では、早速ですね、
内容に入りたいと思います。

マズローの欲求五段階説

マズローの欲求五段階説ということで、
結構、聞き慣れた方も
いるんじゃないかなと思います。


というのは、これ
結構、高校の授業とかでもね、
勉強されたりするんですよ。


倫理の授業ですね、
高校の授業とか、大学の講義とかでも
聞いたことある人いると思うんですよね。


これをですね、
どうやってビジネスに生かすか、
どうやって実生活に生かすか、
どうやってコミュニケーションに生かすか、
ってゆう事をですね。


話していこうと思います。


これはですね、どんな場合でも
人と関わる場所においては、使えるのでね、
是非、意識してみれば
いいんじゃないかなと思います。


はい、では解説に入りたいと思います。

↑上の画像のピラミッド。
見たことありますかね?これ。


結構、有名なんですけどね、これはね。


どういう、このピラミッドなんなのかというと、

下から
・生理的欲求、
・安全欲求、
・社会的欲求、
・尊厳の欲求、
・自己実現欲求

と。


下の欲求ですね、生理的欲求ですね、
下に書いてある欲求が満たされると、
より一つ上の段階の欲求を
欲するとゆうものです。


これというのは
マズロー、アブラハム・マズローという
アメリカの心理学者が唱えた欲求
段階説の1つです。


底辺から始まり、
5 段階に始まる、終わる、
というものですね。


これ、どんな欲求か、

生理的欲

まず、生理的欲求というのはですね。
生きていく為の基本的な、
本能的な欲求ということになります。


例えば、
食べたいとか寝たいとか、
あと、性欲も生理的欲求です。


はい、生理的な欲求ですね。
本能的なものです。


これが満たされると、
具体的にゆうと


例えば、砂漠で水を飲みたいとか、
三日間、何も食べてなくて
食べたいとかそういうのに相当します。

次です。
これが満たされると次、満たしたいと思うのは、

安全欲求

次は安全欲求ですね。
安全欲求というのは、安全であったり、
安心な暮らしがしたいというものです。


例えば、
健康状態を保ちたいとか、
雨、風をしのぐ家が欲しい、
とかそういったものですね。


で、これって生理的欲求と伴うですね、
生命として基本的な欲求の一つです。


これがですね、常に危険になっていると、
危険な状態になっているとですね、
他の欲求っていうのが考えられなくなります。


なのですね、
生理的欲求、安全欲求っていうのは、
もう、最低限守るべきものなんですよね。


で、ですね、
例えば、ビジネスっていうか
なんらかの商売、
マーケティングをやるのであったら、
生理的欲求であったり
安全欲求というものを意識させるような
文章とか書くと売れたりします。


これがいわゆる広告ビジネスとかの話ですけど、
生理的欲求、安全欲求っていうものを、
要は意識させるわけです。相手に。


ってやると売れやすくなります。


例えば、
本当にさっきも言いましたけど、
砂漠で水を売るなんてのは
もう、モロに売れる、
わけですよ。


もう、超売れるわけです。


なんでかっていうと砂漠で水、
1 億円でも売れるわけですね。


例えば、遭難してたら、
いやそれってもう命に関わってるんで
お金とかそういうレベルではないです。


だからですね、ビジネスをやる時は、
その砂漠をいかに見つけるかっていうのが
相当な肝になってきます。


これは難しいんですけどね、笑

ビジネスの話しましたけど、

社会的欲求

次は社会的欲求です。
これはですね、安全欲求を満たすと
社会的欲求っていうものを求めるようになります。


これというのは、どういう事かというと。


例えば、集団に属したり、
コミュニティに属したりとか
仲間が欲しくなったり
っていうような欲求ですね。


この欲求が満たされないと
人は孤独感や社会的不安というのを感じる、
感じるんですね。


で、ですね、
僕はビジネスでは、コミュニティというものを
作ることがもう、めちゃくちゃ大事だと、
常日頃から言ってるんですけど、
これというのは社会的欲求っていうのを
満たすものになります。


楽しいとか、
人と関われて楽しいとか、
そういうことですね。


やっぱりね、コミュニティがない状態で
ビジネスをするというのは非常にもったいないですし、
うまくいかないというか、コミュニティが
うまくいってればもうめちゃめちゃ
いろんな、何でもうまくいくんで
これ意識してくれたらなぁ、と思います。

次は、

尊厳欲求

尊厳欲求です、尊厳の欲求。


これというのは、
他者から認められたい、とか、
尊敬されたいという欲求ですね。


こからはですね、最初の下三つというのは
あくまで外的な欲求なんですよ。


自分の内からでてくる欲求ではなくって、
外の欲求。


例えば食べたいとか、
雨、風しのぎたい、コミュニティ、
仲間が欲しいとかいうのは
あくまで外的な欲求なんですね。


に対して、


尊厳の欲求と自己実現欲求ていうのは
内的な欲求になります。


自分の心を満たしたいという欲求ですね。


これはですね、例えば、
他者から認められたい、尊敬されたい
ということです。


これがなぜ四段階目にくるかというと、
これは当然のことで、社会的欲求っていうのは
コミュニティに属していたり
仲間が欲しかったりとか
そうゆう事じゃないですか。


そうなってくると、
やっぱり人間というのは欲張りというか、
その一つ上の段階の欲望が芽生えますので、
そうなるとですね、その仲間達に
認められたいて思うんですよ。


こうゆう風にですね、
欲求は、どんどんあがっていくということです。


最初も言ったんですけど、
例えば、安全欲求が満たされてない段階、
例えば、ドメスティックバイオレンスとか、
例えばですねぇ、暴力を振るわれていたり、


そういう時って
尊厳の欲求もクソもないということです。


他者から認められたいとかそういうの前に、
とにかくもう暴力振るわないで
っていう状態なわけですね。


だからですね、尊厳の欲求を満たさせるよりも
安全欲求を満たす為のものとかを
提案するとビジネスでは、
結構、上手くいくかなぁと思います。


これ当然、人間とのコミュニケーションもそうです。


生理的欲求、安全欲求、
困っている人がもしいたらですよ、
その人達にその、生理的欲求、


例えば、水が飲みたいと言っている人に対して
水を無料であげたりすると、
めちゃめちゃ感謝されるわけです。


で、安全欲求も一緒ですね。


家が欲しいといっている人に対して
家を借りてあげたら
めっちゃ感謝されるわけですよ。


これ、極端な話に聞こえますよね。


ですが、
例えば、めちゃめちゃ腹が減っている人に、
パンを 1 個あげたって、
これってめちゃめちゃ感謝されるわけですよ。
感謝されるわけです。


こんな風にですね、
コミュニケーションでもすごい使えるので、
恋愛でも、
ビジネスでも
なんでも使えるものになってます。


心理学ってそういうものなので、
是非、意識してみて下さい。

尊厳の欲求の次は

自己実現欲求

自己実現欲求ですね。


これ簡単にいうと、
自分が掲げた目標というのを
自分でクリアする喜びという物を
得たいという欲求です。


成長したいとかも、それにあたります。


これ、結構、混同しがちなんですが、
尊厳の欲求というのはあくまで、
成長したい、とかではないです。


承認されたい、とかそういう
尊敬されたいという部分なんですよね。


ということを意識して、
だから自己実現欲求というのは
このマズローといった人間が言った中では
最大の欲求になるっていうことです。


わかります?最大の欲求。


この自己実現とかを達成すると
啓発活動とかをやりたい、
ということですね。


啓発活動とかがやりたくなる、
というのが、これが、ですね、
この自己実現欲求の上にも段階があるんです。

で、次にですね、
自己実現欲求、このマズローというのは
5 段階までと言われてるんです。


が、

 

マズローの欲求5段階説にもう一段階

その上にもう一段階あるんですね、
自己超越という段階ですね。

自己超越

自己超越という段階。

これはですね、どうゆう段階かというと
目的の遂行とか、
目的だけを純粋に求めるという
領域なんですね。


これというのは見返りを求めない、
そこにエゴもないわけです。


ただただ目的のみに、
没頭するという領域ですね。


例えば、
資格試験に受かりたい、とかっていうのは、
これはあくまで社会的欲求であり、
尊厳の欲求であり、
自己実現欲求の段階なんですよ。


見返りを求めてるじゃないですか。
資格試験ていう。
資格が欲しいという見返りを求めている。


ですが、


自己超越の段階っていうのは
全くもって見返りを求めていないです。
無償の愛のレベルです。


だからこそ、これというのは
中々達成できるものではないですし、
自己実現欲求の次に提示しているわけです。
マズローは。


これを 6 段階目の欲求といます。


で、ですね、
自己実現欲求まではですね、
まずは、達成して欲しいなと思います。


これはですね、だから、
まずは安全の欲求とかを極めていく、と。
どんどんどんどん。


で、尊厳の欲求っていうのも
どんどんどんどん満たしていく、と。


自分が学びたいように学んでいれば
結構、尊厳の欲求はついてきます。
本当に勉強していれば。


で、自己実現欲求となり、
超越していく、ということですね。


結構、ばばっと、話してしまったんですけど、
こんな感じで、マズローの欲求5段階説の
説明は以上にしたいかなぁと思います。


 

僕は月収500万円を稼ぐ思考を持っています。

ですが、
月収500万を稼ぐ思考といいますと、
超絶怪しいですよね。

お前は何を言っているんだろ?と聞こえてきそうです。
僕はビジネスが得意でもなんでもなければ、
しゃべるのも得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼ぐ思考を身に付けました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともできる
僕コバタカが慣れて、そして月収100万を稼ぐための思考過程を下記の記事では公開してます。

月収500万の思考になれた僕コバタカの行動理念

 


 

50代の僕が学んで人生折返し物語の続きを読む

●貧乏のコバタカがお金に困らなくなった物語

●50代のコバタカがどうして月収500万の思考になったのか?

●なぜ 1秒も働かなくても利益がでるのか?その仕組は?

●20代で10億円稼いでいる人間はどんな人間なのか?

>>詳細が気になる方はコチラをクリック