Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には物語ストーリーがある

この記事は4分で読めます

人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には物語ストーリーがある

文章で“読み手を引き込む”という要素が

必要不可欠なります。

人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には

物語ストーリーがあるって言うことを

お伝えしていきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

まず、文章の世界には、

Not read

Not believe

Not act

何かと言うと

Not read =読まない壁

Not believe=信じない壁

Not act=行動しない壁

って言う壁があります。

 

 

これは、心理学の言葉であり

コピーライテイングの言葉なんですけれども

まず、人は読まない壁がり、

メルマガの記事ブログの記事書いたとしても

大前提として、人は読んでくれないんですね。

読んでくれない、読まないと信じてくれないし

結局、行動、買ってくれないんですよね。

 

 

なのでまずは、

読ませることが重要なんですよ。

読ませる壁っていうものを

突破しないといけません。

 

 

その次に、

Not believe 信頼関係を築くんですよね。

信頼関係を築いて、Not act

って言うところで、行動させていく

購入してもらうような流れが

あるんですけれども

まずは、Not read の壁って言うものを

超えていかなければ、ならないんですよね。

 

 

じゃー Not read の壁を超えるには、

どうしたら良いのかってことです。

まずなんですけど、

文章をクリックされたことを前提で、

お伝えしていきます。

 

 

まぁ、その前に Not open の壁

って言うのもあるんですけど

今回は、Not read 壁から

お伝えしたいと思います。

 

 

Not read を超えるには、

どうしたら良いのかと言うと

Not readは、興味と関心を引く、

興味、関心を引いていく必要があります。

人を引き込む(惹きつける)文章

 


じゃーどう言う風に

人を引き込む(惹きつける)文章

興味関心を引けば良いのかと言うと

まず、「なぜ?」って言うことをイメージさせる。

 

 

なぜって思わせるのが、良いんですよね。

なぜ?=なんでって思わせると

結論まで読みたくなるんですよ。

 

 

例えば、何ですけど

ヤフーニュースを見たときに

いろいろ見ていくんですね。

みていて、タイトルに

ノンスタの全治3ヶ月って言うことや

右腕骨折って言うのが、あったんですね。

私、知らなかったんですよ。

なので、こう言うのみたいな

っていう風に思うわけなんですね。

 

 

で、クリックしてみると

結局なにがあったのかわからない。

なので、疑問になるってことなんですよ。

なんで、手術することになったのって言う

疑問が湧くんですね。

 

 

こういう風に最初に記事の導入部分で

「なぜ?」っていう部分思わせるんですよ。

タイトルと導入部分でなぜ?と相手に疑問を

わかせることです。

 

 

冒頭の部分で読み手に対して

興味だったり関心を抱かせることができると

人を引き込む(惹きつける)文章

その感情が動くんですよね。

なんでだろう~ってワクワクする

人は知りたがりやって言う性質を

持っているので興味を持って

最後まで読んでくれるようになるんですよ。

結論が知りたいってなるんですよね。

 

 

だからこそ、自分の書いた文章って言うのも

どんどん読み進めていってもらえます。

そういうところで、

まず「なぜ?」って言うのを演出していく

人を引き込む(惹きつける)文章

っていう部分が重要なんですよね。

 

 

「なぜ?」を演出した上で、

どういう風に書いていけば良いのか

って言うことなんですけれども

イメージさせるって言うことです。

興味、関心を引くためには、

あとは、イメージさせるって言うことも

重要なんですよね。

 

 

これから、どうなって行くかって言うような

興味より「なぜ?」そういうような

結末になるのかっていうような

興味の方があるんですよ。

 

 

なので、ストーリーを楽しみたいんですよね。

人っていうのは、ストーリーを

楽しみたいんですよね。

ストーリーが大好きなんですよ。

ストーリーが好き。

人っていうのは、ストーリーが好きで物語

っていうものを読みたいっていつも思って

いるんですね。

 

 

ドラマだったりとか映画が好きなのも

全部ストーリーが見たいからなんですよね。

人は、人の物語だったりとか

ストーリーに興味がある。

 

 

だからこそストーリーっていうものを

イメージさせる形で書いていくことによって

興味がでたところから

どんどん読み進めてもらえる訳なんですね。

 

 

なので、こういう風に興味だったりとか

関心を引くような文章を書ければ、

人を引き込む(惹きつける)

良いんですよ。

 

 

例えば、

美容品を売りたいのであれば、

「たった3週間で

肌ツヤが良くなった理由とは」

っていう風に「なぜ?」を演出するんですよ。

 

 

画像と一緒にですね。

画像と一緒に凄いキレイな肌ツヤをみせて

この理由を知りたいか方はってことで

記事を読み進めていただくんですよね。

 

 

そうするとまず、物語だったりとか

イメージさせる。

その文章の中でイメージさせる。

その文章でイメージさせるつつ

結論に導いていくことで

楽しむことができるんですよ。

楽しいな~って

その先を知りたくなるんですね。

 

 

なので、興味だったり関心を引きつつ

結論に持っていくためには、

ストーリーだったり物語って言うものを入れて

文章を書いていくといいんですよ。

 

 

なので、自分の話をするって言うことですね。

自分の話をする。

こういう物を入れていくことによって

面白い文章を書けるようになります。

 

 

ってことで人を引き込む(惹きつける)

読み手を引き込む文章の書き方

としては、興味関心を引くってことですね。

興味関心を引きつつ相手にイメージさせていく

人は、ストーリーが好きだし人の物語に関心が

あるんですよね。

 

 

なので、その物語を通して

興味、関心っていう部分を引きつけて

結論まで導いていくってところですかね。

ってところで、面白い文章の書き方

人を引き込む文章の書き方としては

興味、関心を引いていくことでした。

 

 

ということで、

今回お伝えしたいことは、以上となります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コピーライティングは伝えるスキル!本当に仕事だって上手くいく講座
  2. 人が感覚的3つの生理的欲求に訴えるコピーライティングの書き方とは
  3. 読み手を意識する読みやすい文章の書き方2つのコツとは
  4. 希少性を使ったマーケティング心理テクニック
  5. 五感を刺激し脳に記憶するコピーライティングのテクニックを使う!!