Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人が感覚的3つの生理的欲求に訴えるコピーライティングの書き方とは

この記事は2分で読めます

人が感覚的3つの生理的欲求に訴えるコピーライティングの書き方とは

 

今回は、コピーライティング講座で

人が感覚的に反応してしまう

コピーライティングの書き方とは、

と言うことについてお伝えしていきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

人が感覚的3つの生理的欲求

本来、コピーライティングって言うのは、

ターゲットを明確に決めてその人に向けて

書くのが鉄則となっているんですけれども

これについては、間違っては、

いないんですけれども、

ですが今回は、少し違った側面から見て

行こうと思います。

 

 

と言うのも、最も普遍的なすべての人に

共通して言える欲求というものが、

あるんですね。

それが、感覚なんですけれども

食欲っだったり性欲っだったり睡眠欲

この3つの生理的に欲求と言われてますよね。

 

 

この生理的欲求に訴えるような記事を

書くことによって、刺激を受けるような

考え方なんですね。

どう言うことかと言いますと

感覚に訴えるって言うことは、

 


例えば、

食欲だったら、ご飯が食べたいと言うような

欲求を刺激してあげれば、いいんですね。

それだったら、文章で書くとしたら

「肉汁がジュワッとしたたる肉厚のステーキを

口いっぱいに頬張って食べました」とか

 

 

そう言う風にイメージさせて上げるって

言う部分ですよね。

 

 

あとはビールだったら

「朝6時からの肉体労働で

大変だったんだけど、炎天下で

喉はカラッから、そんな火照った体に

キンキンに冷えた生ビールを」とか

 

 

そう言う風にしてイメージさせて

上げることによって感覚に訴えることが

できるんですね。

 

 

お肉好きだったりお酒好きって人は

イメージすることによって、何か食べたいなー

って思うことができるんです。

 

 

このようにして感覚に訴えることで

商品をアピールしていくことが

できるんですね。

無理に限定生だったりとか、

いろいろなテクニックを使わなくっても

その、詳細にイメージさせること

感覚的に訴えることって言うことを

意識して行くことによって

いい売れるようなコピーが

書けるようになります。

 

 

と言うことで

今回のお伝えしたいことは

以上となります。


ありがとうございました。

今回は、人が感覚的3つの生理的欲求に訴える

と言うお話でした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コピーライテイングの本におすすめの本がない理由
  2. 【初心者必見】何倍も記事を作るのが楽になる方法!
  3. 希少性を使ったマーケティング心理テクニック
  4. 論理的な文章を例にトレーニング!絶対理由は必要なんだよ!
  5. 人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には物語ストーリーがある
  6. インプットアウトプットどう勉強?コピーライティングどっちを重視?