Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

希少性を使ったマーケティング心理コピーライティングテクニック

この記事は5分で読めます

希少性を使ったマーケティング心理テクニック

 

今回は、コピーライティングの一つ

希少性についてのお話をお伝えしていきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

希少性

希少性って言うのは、

心に好意を生み出すことができるんですよね。

どう言うことかと言うと、獲得しづらいように

障壁を築くことによって、

魅力を増大させることができる!ですよ。

 

 

事例でお話するんですけれども、

iPhone6sだったり妖怪ウォッチだったり

フォアグラだったりトリュフだったり

言うものは、かなり希少性が高いんですよね。

 

 

フォアグラだったりトリュフって言うのは、

もともと数が少ないから希少なんですよ。

いっぱい牛とか豚みたいに大量にいたら

そんなに高くならないはずなんですよね。

 

 

松茸とかもそうで、しいたけとかは、

いっぱい取れるけれども松茸は、

全然取れないんですよ。

だからそこに価値が生まれるんですよね。

 

 

コレは、数が少ないから

高くなるよって言うことです。

美味しい美味しくじゃなくて

数が少ないかどうか、まぁそこなんですよね。

 

 

妖怪ウォッチが爆発的になった時って

朝からスーパーっだったり

おもちゃ屋さんに並んで妖怪ウォッチの

グッズを買っているって言うのが

大ニュースになったんですね。

 

 

このように、獲得しづらい状態をあえて

作ったりとかすることによって

魅力的に見えるんですよね。

あ、これ欲しい欲しい気持ちをわかせることが

できるんですよ。

 

 

私は、この前、感じたのは、iPhone6S

だったんですけど、今、iPhone5を

使っているんですけど、

これが、めちゃめちゃ画面が

バキバキなんですよ。

 

 

バキホンで、ずーっと使っていたんですけど

もう、そろそろ変えたいなって

ずーっと思っていて、それでソフトバンクに

行ったわけですけれども、そうしたらiPhone6S

の私が欲しいと思っていたものが、

全然ね売り切れって言うことで在庫切れって

言うことで、買えなかったんですよ。

 

 

そうなってしまうと、ちょっと魅力感じるじゃ

ないですか、少ないものには魅力感じて、

やっぱり他のものに目移りするよりも

さらに、それが欲しくなってしまうって言う

部分が、強いんですよね。

 

 

このように希少性があることによって、

心に好意を生み出すことができるんですよ。

 

 

もう、まんまとiPhone6Sには、

やられましたからね。

全然まだ買えていないんで、あれなんですけど

まぁーね。希少性がなければ別に、

フォアグラだってトリュフだって

普通に食べられてしまえば、

価値を感じてしまうことはなくなって

しまうです。

 

 

価値を感じられるのは、この希少性がある。

数が少ないって言う、

そう言う思わせることができることによって、

希少性を感じるわけなんですよね。

 

 

あとは、人に会えないとか

有名人とかに会うって言うのも希少性ですよね。

希少性をセールスの手法に使うと

どういう風に使うかというと

数量限定では、例えば店頭では、

お買い求めすることはできませんとか

売り切れてしまって、もうありませんとか

 


あとは在庫に限りがありますとか

10台限定ですとか

そう言われると凄い早く買わないとなー

と思ってしまう。

 

 

あ、これは良いものなんだな、

売れているものなんだな

って思うことで買いたくなってしまうんですよ

売れていると思うと買いたくなるんですよね。

 


あとは、期間限定商品だったりとか

記念コインとか記念プレート

東京駅の記念スイカとか

あったじゃないですか、あれとかもろに

希少性ですよね1万枚とかでしたっけ?

限定だったと思うんですけれども

それに東京駅いっぱい人は押し寄せて

大混乱になったってありましたよね。

 

 

あう言う感じで記念のスイカとか

希少性があるものっていうものには、

本当は、凄い価値を感じるんですよね。

 

 

あとはタイムセールもそうですよね。

私もね。

タイムセールにめちゃ弱いんですけど

タイムセールと言うと

何か見たくなってしまう。

そんなに興味がなくても何かちょっと

安いのあるんじゃないかなーとか

何か、楽しいんですよね。とりあえず、

楽しいし今しか買えないと思うと

みないとな見とかないと損するなって言う

その損するとか思わせることによって

買わせてしまう。

と言ったセールス手法なんですよね。

 

 

なので希少性を使うと結構売れます。

じゃー希少性をビジネスに使うなら

ってことなんですけど、セールス以外にも

ビジネスセールスの使い方があって

それは、例えば情報発信の時とかも

使えるんですよ。

 

 

希少性の情報発信の具体例

どういう風に情報発信すればよいいのかって

言うことで、知人の弟の例で、

当てはめて見たんですね。

知人の弟は歴史について、

めちゃめちゃ知っているんですよ。

もう、小学校の頃から歴史が好きで

中学生、高校、大学になってからも

めっちゃ好きなんですよ。

 

 

古墳とかも休みに見に行ったりとか

城めぐりとかも行ったりとか

デートスポットでも城めぐりとか

するレベルなんですけど

本当に歴史が好きで、

色んな知識があるんですよね。

 

 

古墳時代から鎌倉時代から戦国時代から

現代みたいな、政治まで全部詳しいので

すげーなーっていう風に思うんですけれども。

 

 

例えば

歴史の本とかも300冊以上読んできているし

人に歴史を教えるのが好きなんですよね。

どれ位、好きかと言うと中学、高校の時には、

何だか、まぁ先生の授業って、

大体つまらないじゃないですか。

あう言う、つまらなくて

落ちこぼれてしまった私のような人を

救っていたらしいんですよね。

 

 

先生の授業が終わると、

はい、こっちに集まってて言って

補講みたい役割をしていたらしく

テスト前とかもテスト範囲で出そうなところを

まとめてクラスの子達に配って

上げてたらしいんですね。

 

 

それが、本当に当たるって評判で、

もう、皆から凄いマジか、すげー

みたいな感じで、口コミが良かった

らしいんですね。

 

 

それも大学に入っててもそう言うこと、

やってて、テスト前になると自分で勉強した所

あと友達とかに聞かれるらしいんですね。

どう言うところ出そうみたいなことを

聞かれるらしいんですけど、

それをじゃー作るよ!みたいな感じで

レポートみたいにまとめて、

それを友達に渡したら広範囲で当たったことで

大学の授業でSが取れたらしいんですね。

 

 

Sってヤバイじゃないですか。

なかなか凄いなって思って、

そのSを取ったこが、レポートを後輩に回して

その後輩がその後輩に回す感じで、

どんどんコレをやっておけば、できるように

なるらしいよって言う感じで、評判で凄い

広がっているらしいんですよ。

 

 

それだけ歴史ができるって訳なんですよね。

本当に、歴史の話をするときは、

かなりわかりやすく噛み砕いて、

めっちゃ面白いんですよ。

 

 

姫子の話だったり神話の話だったり

何か、いろいろ聞いたんですけど

宗教だったり政治だったりとか

日本の憲法の話とかも、色んな事が

できるんですけど、本当に話すのが上手い

ってところで、弟が歴史をこんなに上手く

伝えられる人はいないですよ。

 

 

社会科の教員だってちょー

つまんないじゃないですか。

あんなにつまんない授業を私は聞いてたわけで

社会科が好きじゃなくなった

歴史が好きじゃなくなってしまった

って言うのは、教え方にも原因が

あると思うんですね。

 

 

弟は、もともと教師を目指していたんですけど

今はもう、普通に就活をしていて教師を

あきらめて就活をしているんですよ。

で、超もったいないなって思っていて

もし、私がこの弟を使って、

この希少性って部分で使って

ビジネスをするのであれば、歴史を面白く深く

伝えられる人って全然いないので

まず、そう言うコンテンツを作りますね。

 

 

動画とかでコンテンツとか作って

希少価値が高い面白ければ人って

見るんですよ。

人は見るし人はそう言う価値のある

コンテンツであれば、満足度が凄い

高いんですよね。

そう言うものが作れれば、

簡単に売れますよねって言う情報発信でも

こう言う歴史を使って売ることができる。

 

 

希少性を使ったビジネス

自分の得意分野で極めていたら

希少性を使ってビジネスができるんですよね。

自分の強みを使って自分のビジネスにできる。

恋愛が得意のであれば、恋愛の部分で

コンテンツ作ってしまえばいいし

あと、お祭りが好きであれば、本当にお祭りの

コンテンツを作ることだって

いいと思うんですよ。

 

 

本が好きであれば、

面白い本をまとめたような

コンテンツを作っても、

いいと思うんですよね。

 

 

本をおもしろおかしく視点を通して伝えて

あげるとか、そう言うのでも凄い良いと

思うんですよ。

 

 

こう言う感じで情報発信することによって

自分の希少性って言う、

今回の例は、他人ですけど、

希少性を使ってビジネスを作ることが

できるんですよね。

 

 

インターネット掛ける歴史だたり

インターネット掛けるお祭りだったり

インターネット掛ける裁縫だったり

インターネット掛けるダンスだったり

インターネット掛けるテニスだったり

インターネット掛ける水泳だったりとか

 

 

なんでも、できてしまうんですよね。

その、自分にしかない強みと

インターネットを掛け合わすことによって

希少性が生まれるってことで、

今回は希少性を語って言ったんですけど

 

 

希少性があることによって、好意をもって

もらうことができるので、その人しか

発信できないものだったり

数の少ないものだったり

本当に時間は限定だったりすることで

かなり価値が上がります。

 

 

希少性については、

こんな感じで終わりにします。

いろいろとビジネスで使えるので

希少性と言う概念は覚えておきましょう。

と言うことで以上となります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 五感を刺激し脳に記憶するコピーライティングのテクニックを使う!!
  2. より良い未来のためにコピーライティング技術の良い未来&悪い未来
  3. 論理的な文章を例にトレーニング!絶対理由は必要なんだよ!
  4. 人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には物語ストーリーがある
  5. コピーライティングの練習はアスリートと同じ毎日言葉を文章を書く!
  6. コピーライティングは伝えるスキル!本当に仕事だって上手くいく講座