Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

論理的な文章を例にトレーニング!絶対理由は必要なんだよ!

この記事は4分で読めます

論理的な文章を例にトレーニング!絶対理由は必要なんだよ!

今回は、誰が読んでもわかりやすい

”論理的”な文章、書けてますか?

論理的な文章を例にトレーニング!

絶対理由は必要なんだよ!

について、お伝えしていきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

アフィリエイターだったりとか

文章で食べていくっていう風に決めてときには

絶対に必要なのが論理的に文章を書いていく

トレーニングすることなんですね。

 

 

論理的に私たちは何をしないと行けないかと。

文章を通して人を説得して納得させる。

人を説得して納得させるって言う部分が

非常に大事になるんですね。

 

 

じゃー人を説得して納得させるって

どうすればいいのか?

まず最初に論理的な文章を書くことが

不可欠なんですよ。

 

 

論理的な文章が書けない、

破たんした文章を書いてしまうと

人はまず納得してくれないんですよ。

 

 

例えば、

私が油で紹介している

ヘンプオイルと言うモノがあるんですけれども

そのヘンプオイルと言うモノいいんだよって

言うように、ただただ、いいんだよって言う

風にいったとしても、その人は納得して

くれないんですよね。

 

 

その理由を知りたいって部分なんですよ。

理由って言う部分が、

非常に大事になるんですね。

論理的な文章を書くためには、

理由が必要。

筋が通って入るっていう部分が凄い重要に

なるんですね。

 

 

この筋を通らすために理由が必要なんですよ。

筋を通らすためには、

理由が必要って部分です。

 

 

文章を理由をつけて書いていかないと

いけないんですけど、

かならず本当に理由ってものが必要で

物を提示するとき

理由を併せて提示するってことを

していただければと思います。

 

 

例えば、なんですけれども、

このダイエットサプリ凄いいいんだよって

いわれても、どういう風に優れた商品なのか

わからないんですよね。

だからこそ、へーって言うように

終わってしまう。

 

 

例えば、トレーニングです。

私はヘンプオイルという物を

すすめて入るんですけれども、

これって凄い、いいんですよ。

じゃー何がいいのかと言うことを説明すると

オメガ3、6、9と言うものを全て揃って

入るんですね。

 

 

その内のオメガ3って言う中にDHAが含まれて

入るんですけどDHAって言うのは

魚に含まれている成分なんですよね。

よく昔から魚を食べると頭が良くなると

いわれているじゃないですか。

歌があるぐらいですよね。

 

 

さかな さかな さかな 魚を食べると

あたま あたま あたま 頭が良くなる

みたいな、歌があるくらい、

そういう歌があるくらい魚を食べると

頭がよくなると言うようなことが昔から

いわれている訳なんですよね。

 

 

じゃーなぜ魚を食べえると頭が良くなるのかと

言われたときに、魚の中にDHAが含まれている

からなんですよね。

そのDHAを摂取することに寄って

頭が良くなるんですよ。

 

 

ヘンプオイルのオメガ3と言うものの中に

DHAが含まれて入るってことが

わかって入るんですね。

 

 

なので、オメガ3と言うものが非常に多く

含まれて入るんですよ。

そのヘンプオイルを飲むことに寄って

魚を食べたときと同じぐらいの効果があるって

ことなんですよ。

 

 

なので、頭が良くなる油なんですね。

このように理由を説明して上げるんですね。

何か商品をこれいいよってすすめるときには

それと一緒に理由を提示して上げる。

理由が必要になってくるんですよ。

理由を結局提示してあげないと

よくわからないから、ふうんって終わって

しまうんですよね。

 

 

極端に言えば、絶対理由は必要、何に対しても

理由を付けていくような部分が大切に

なるんですよね。

 

 

例えば、

通販とかをしていて、この商品には返金保証を

おつけしていますとかって

あるじゃないですか。

そう言うときに返金保証を付けた理由を付けて

あげないといけないし90日間なら返金保証が

ついていますとかあると思うんですけれども

なぜ、90日間必要なのかって言う部分も

 

 

本当にくどいぐらいに説明してあげて

いくんですね。

本当に理由を1つ1つ説明して

あげることによって納得してくれる

人を説得できるんですよね。

人って言うのは、疑問を浮かべると

1つでも疑問があると

考えてしまうんですよね。

納得できないことがあると

そのままにしてしまう

何か疑問を残しておくと

人は壁を超えることはできないんですね。

行動に移すって言うような壁を

超えることができない。

 

 

だから、営業マンっていうのは、

何か疑問はないですか。

って言うことを

全て聞いて上げるんですね。

聞いてそれを全て解消して上げる。

疑問を全て解消してあげないとものが

売れないって言うことを

知っているからなんですよね。

 

 

だからこそ、論理的に筋を通すことが重要で

理由を説明していくことが

非常に大事になるんですよ。

 

 

あとはですね。

他にテクニックがあるとすれば、

主語だったり述語、動詞

この主語、述語、動詞を当たり前なんですが

全部しっかりと構成していくって言うのが

重要です。

 

 

よく、アフィリエイターさんの

ブログだったりとかメルマガなど見ていくと

以外にこれができていない文章が

あるんですね。

 

 

特に抜けているのが主語。

主語が抜けてしまっているってことがあって

主語とかが抜けると

凄い理解しずらいんですよ。

結局、何いってんだかわからないとか

読んでて、あ、そう言うことだったのね。

という風に、後から気づくことが

あるんですよね。

 

 

そうすると、明らかに疑問が湧くって言うか

頭の中がごちゃごちゃになってしまう。

そうすると、凄いストレスが

湧くわけなんですよ。

やっぱりストレスが湧くと

離脱してしまう部分があるんですよね。

これ何だか何いってんだか

わからないって言うところで

結局、離脱されてしまう。

 

 

やっぱりストレスを与えないって言うのが

非常に大事なんですよ。

これは、基本中の基本なんですけれども

主語をしっかり書いていく

述語をしっかり書いていく

動詞をしっかり書いていく

って言う部分が重要になります。

 

 

まぁ当たり前なんですけれどね。

できていない人が多すぎるって言うような

ことです。

 

 

もう一つ重要なのが、

話し言葉にするってことです。

人って言うのは自分と話す言葉が

近ければ近いほど親近感が湧くですよ。

論理的な文章にすると凄い硬すぎるって言う

硬すぎる表現になってしまうんですけれども

それよりも硬い表現が絶対いけないって言う

わけじゃないんですよ。

 

 

もちろん硬い表現が重要な部分は、ありますし

大事なんですけれども、できるだけ話し言葉で

書いていった方が読みやすいんですよね。

読みやすいし自分の中に入りやすいんですよ。

 

 

だからこそ、話し言葉で書いていくって言う

部分も重要になります。

 

 

と言うことでですね。

人を納得させる。

まず説得をするって言うのが重要なんですよ。

 

 

ライテイングをする上で

一番重要になってくるのが

説得して納得させること

そのためには、論理的に筋が通っている必要が

あるんですね。

 

 

なので、理由をしっかり答えた上げるような

文章を書いてあげる。

そして、主語述語動詞が大事だし

話し言葉で書いていくと自分と身近、

親近感が湧くので一番読んでもらえるよって

言うようなことです。

 


ってことで、今回お伝えしたいことは、

以上になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には物語ストーリーがある
  2. より良い未来のためにコピーライティング技術の良い未来&悪い未来
  3. 人が感覚的3つの生理的欲求に訴えるコピーライティングの書き方とは
  4. コピーライテイングの本におすすめの本がない理由
  5. インプットアウトプットどう勉強?コピーライティングどっちを重視?