空室清掃でアパートを掃除して2ヶ月で120万儲かった件

まいどコバタカです。

今日は、僕が独立ビジネスをして初めて、
すぐに空室清掃をして、超儲かったお話をしたいと思います。

賃貸アパート空室清掃で稼ぐ120万円

これは僕が独立ビジネスを初めてすぐの話です。

2003年の 4月なので、約19年くらい前の話ですね。

僕は独立ビジネスして収入が全くなかった時から、
毎日、不動産屋さんに飛び込んで営業しただけで
その1ヶ月後くらいには30万円を稼ぐことが出きました。

さらにそのさらに1ヶ月後くらいにはまた90万円くらいの稼ぎが出てきました。

合計120万円の売上です。

信じられないでしょう。

ですが、これが空室清掃の容易性です。

せっかくなので、
昔を振り返ってみましょう。

 

ーーーーここから賃貸住宅ストーリーーーーーー

僕は独立ビジネスを初めて1ヶ月も経っていない時に。

師匠から空室清掃の独立ビジネスに失敗はあり得ないよ。と教えてもらった。

空室清掃?なんやそれ?

と思い、Googleで調べてみたところ。

どうやら賃貸住宅の入退去で必ず発生する掃除のことらしい。

「ふーん。
入退去の掃除は確かに儲かるかもな。
俺も小学生の時にやったことあったし、
お風呂掃除して30円もらったけな。」

しかし、それはお小遣い程度の話。

だが、、、、

どうやら、それで月に200万とか利益をあげている人がいるらしい。
実際に当時の師匠は総額6億の売上を出していた。

僕の 4つ上の1961年生まれの世代だった。
当時 42歳かな。

僕が 38歳の頃である。

空室清掃はどうやら簡単らしい

空室清掃とは、
賃借人が負担して退去するときに賃借人の代わりに掃除してキレイにもどすものらしい。

「なぜ賃借人が負担する掃除が儲かるのか。その賃借人が掃除すればいいんじゃん」

と思ったが、

アパート・マンションなど不動産の空室の衛生を保つために行う清掃。
らしい。

「なぜ誰でもできる掃除なのに儲かるのだ。その自分で掃除すればいいじゃん」

と思ったが、
多くの、賃貸住宅は以前の住居者が退去した後にリフォームをして新たな借り主と契約を結ぶのが当たり前。と。
言うことであった。

そんな馬鹿な。

と僕は思った。

「コバタカさんも興味あるのなら現場に連れってやるよ

ということだったので、実際について行ってみた。

何をやるかはさっぱり意味不明だったが、

とにかくついて行った。

待ち合わせは西新宿のマクドナルド。

今日は西新宿のオフィス(事務所)退去した原状回復に行くらしい。

カベを塗るとのこと。

実際に退去したオフィスに行って、

カベ塗る前の下準備として養生の作業やカベ塗りを目の前で見せてもらった。

実際に見たが。。。。

超簡単ある。

なにこれ。

これで本当にいいのか?

目を疑ったものだ。

だって本当に簡単だったから。

本当にカベ塗りは超簡単だった

壁をキレイにするのは独自の壁紙用コーティング剤を使って、養生してローラや刷毛でコーティング剤を塗るだけです。

こんな感じです。

一般的なビニールクロスならいいんだよ。
ということなので、確認。
(賃貸のクロス市場95%がビニールクロス)

「これは日焼け、家電やタンスの跡の黒ずみ汚れをコーティング剤で施工することができる」

と言われ。
頭に?マークをつけながらも。
とりあえず納得。

ガチで誰でもできると思った。

実際にやってみたところ。やっぱり簡単。

で、そこに一緒にいた師匠に

「コバタカさん未経験の分野に飛び込める魅力あるよ。」

師匠の経営する賃貸住宅を専門のハウスクリーニング FC にも毎月30人近くもの人が独立を志願して訪れる。

サラリーマンの34%がなんらかの形で独立を考えているよ。

といったことを言われて、

若干半信半疑ながらも一歩前進しようと思う。

僕は恐怖しながら、
不安もありながらも独立ビジネスを絶対勝ち抜く。
決めました。

けど怖くて仕方がなかった。

実際に仕事がなかったらどうしよう。。。。。。

だけど、そんなことないという風に
師匠はどんどん教えてくれました。

独立して働くのが当たり前の時代なんや、
起業には「情熱と冷静さ」が必要だ!
私の独立が成功した理由とか。

今思えば稼ぐためのアドバイスして、くれたので、
神師匠ですけど、
当時は稼ぐことのイメージできていないので、

マジで恐ろしかったです。

これは未婚の人には分からない感覚しれませんが、
家族の生活を守るということは非常に大事なことで。

僕は
「カミさんと子ども6歳と3歳のためやるぞ」と思ってました^^

けど、やったことがないもん。ビジネス不安や。。。

ホント営業 できるかなああああああ

と思ってました。

そして、家に帰って早速マニュアル知識を脳みその中にぶっ込む。

最初は何が何だかさっぱりわからなかったので、

書いてある営業マニュアルを見ながらなんとか、
営業トークを覚えていく。必ずまんま完コピです。

その暗記項目

「おはようございます。(元気よく)
ま◯◯クリーンの小林です。

おもに賃貸物件を中心に原状回復内装工事をしています業者ですが、
このたび◯◯の近くに新しく事務所を開設したご挨拶にまいりました。
(大きくおじぎををする)

また当社が得意としています施工方法がありまして、(間をあけない)
簡単に説明しますと、汚れたクロスを張り替えずコーティングして、洗えるクロスに変えます。
この施工はクロスをきれいにするだけじゃなく、コーティング効果により汚れがつきにくくなり、汚れがついても家庭用洗剤でクリーニングできるようになりますので、張替えと比べて、7~8年ランニングコストを半分以下に抑えられます。当然、張替え時の産業廃棄物もでません。」

「ただ今キャンペーン中につき、初めてのお客様に1ヶ月以上空室でリフォームしていないお部屋がありましたらトータル金額でさらにサービスさせていただきます。」

こと必ず丸暗記です。

何度も何度も何度も何度も声に出して音読し、
繰り返して覚えていきました。

ようやく地元の不動産屋さんに
はじめて飛び込み営業したんです。

まず大きく頭を下げ、名刺・パンフレットは先に出さずに、言葉で説明し、名前、顔、何屋かを覚えてもらったんです。

お客様も忙しいので、「簡単に説明しますと」と言うが、難しい言葉は使わずにゆっくり解りやすく、見本や冷蔵庫・エアコンの汚れあとの写真を見せながら、説明したんです。

「空いてるお部屋はありますか?」

そしたら
見積もり依頼されたんですね。

見積もり書を作成し提出。

 

営業のあるあるだと思いますが、
あれ?幾度か訪問、脈なしかも?
となる。

実際に僕も何回か訪問して、
あくまで初回の訪問はお客様に営業と思わせないで、

次回訪問のきっかを作るように心掛ける。

初回何を話してお客さんが何に困っていて何を望んでいるのかを履歴に残し、その履歴を見ながら人間関係をつくる。

というように教えてもらったんですね。

そんな学びもあり、
見込み客カードに情報を入力して、保存。

聞くところによると、開業して軌道に乗るまではw
3、4ヶ月かかるらしい。

早くしてくれーーーーーーー

精神的に耐えられんよー。。。

依頼電話が僕のところに掛かってくるのを待つのがあまりに辛かったので、精神を安定させるために、

部屋清掃マニュアルを読みまくった。

なんとなーくだけど、心が落ち着いたので、
勉強しながら、待つ。

事務所の電話とか、
携帯着信音をずーっと気にしてました。

そして 3日後

とうとう電話が鳴った。
依頼が来た。依頼されたー!!

おー不動産屋さんから仕事もらえたゾ!!

かなり嬉しかったですね。

自分が営業し、
不動産屋さんから自分のところに電話をいただけるのは。

師匠に速攻でメール送りました。

初の受注です!!僕に仕事の依頼が!ま◯◯クリーンに!

本当に売り上げになるのか?
と疑問に思ったあまり、自分の家のカベを塗りまくったくらいですからね^^

そして、その後は現場で作業してわーい!となっているだけだと思ったら、
なんとその日は、もう1件の受注がとれました。

僕は100件くらいの飛び込み営業していたので、
成約率2%です。

え?
頭ぽかーんとなってました。

だってだってだって。

ついこないだ挨拶まわりしたばっかりだよ。。。

けど実際連絡がきた10万か12万か忘れてしまいましたが、
10万円以上の金額が載っている。。

売上的には20万ほど。

嘘だろ。。

まじで?

先日挨拶まわりしただけなんだけど。。。。

もう10万。。。

最初は信じられませんでしたが、
連絡きたのですから疑いようがありません^^

僕は
「勝った、これは勝った。勝ったどおおおおおおおおおお」

と勝利の雄叫びをあげました。

師匠の勧めで営業トークしたとは言っても、
あっという間に20万円くらいの売上が出てしまいました。

味をしめた僕は
もっと営業訪問をしようと思い、
不動産会社はもちろんのこと。

仲間同業者、工務店さん、クロス屋、畳屋、ふすま、塗装屋、建具屋、材料仕入先、大家さん、などなど。

ありとあらゆるところの賃貸住宅に関連する内装業者を調べて調べまくりました。

もう賃貸住宅に関係する全て調べました。

わけわからんので、猪突猛進しました。
そう伊之助状態。

と思っていたら、
三井不動産を発見。

僕はオフィスに入り
目を輝かせました。

こんなにも大きなオフィスがある!
ここなら物件も沢山あるよ。いいの?

当社が
「意な施工方法をアピール」
「契約がとれそうだ」

などと気持ちがいっぱい。

今思えば、絶対無理なんですが、
周囲が全く見えていない状態。

自分の力量や
どうかすれば会社にとっての利益まで無視して。。。。
師匠はなんであんなにポンポンとアドバイスくれたんだ。

もうわけわからん。

と思っていた矢先。

最強の営業マン「クチコミ」
神登場です。

タイミングばっちりの不動産屋さんです。
新規OPENをクチコミご紹介いただいたのです。

クチコミ紹介から

これが 2DK 間取り× 4 1Kの間取り×6 前後だったかなあ?

要は 80万円くらいの見積もり

もちろん空室清掃以外のクロスコーティングも含めてですね。

ワッツ?

なんじゃこれは。。。

僕は 5回以上計算しました。

だけど、もしかして、
掃除してピッカピカになるから、
お金が舞い込んできてからお金払うんじゃ?
(意味不明な発想です。)

と恐怖したので、
実際に見積書で有効期限を記載して提示しました。

パソコンでチャチャッと作成。

ドキドキドキドキ。

「見積もり通りました」

え?マジで?これは勝利確定キタコレか。

と思ったので、材料仕入れ決定。

 

足りない養生テープ、洗剤とか、道具など。
ここで仕入れします。

https://www.kankanhouse.jp/

あ、ネット買い物に便利な
魔法の技クレジットカード。
どーん。
魔法アイテム登場である。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ちなみに僕はこのサイトでクレジットカードを作っている。
このサイトを通して、クレカを作ると、
あっという間に3万円くらいたまる。
もちろん無料。

掃除業者は知らない人結構いるからおすすめ。

話を戻そう。

ハウスクリーニング全般とエアコンクリーニングで多目的エコ洗剤なら「ピア」がおすすめだ!
僕はここで洗剤を仕入れ▼こんなのです。

引用:クリンサブさん

https://www.cleanserve.net/eco-smile’s/pia.html

「あ、やばい。一番安いから勝手に紹介しちゃった。」

「怒られるかな?」

これを掃除で使いまくる。

プシュプシュプシュプシュ。

おそうじ屋さんのあるあるだと思いますが、

あれ?こんなところに汚れあったっけ?
となる。

実際に僕は落とせる汚れを見逃して、最後にチェックしたからよかった。

 

それから、見積もり提出した内容には、ふすま張替え12面、畳表替え24畳、網戸張替え。

いや網戸の張替えは自分もできるけども。
ええい。めんどくさい。全部外注業者さんへ頼んじゃえ。と。

外注業者へ電話。

受付のお姉さんは完全にこいつ頭おかしいと思っただろう。
だっていきなり電話するやいなや、あのふすま張替え、畳表替え全部やってくださいというのだから。

「全部やってください。発注書を書くので大丈夫です。」

店の偉いさん人っぽい男性が電話に変わったので、
「あ、やばいかな。初めて依頼だから断られるかな?」
と思いましたが、逆に超感謝されました。

入退去の繁忙期が終わり手が空いていたそうです。

拍子抜けして全部発注した。

で、当時の僕は何も知らなかったので、

空室清掃の現場にカギの受け渡しのできる
キーBOXを設置しておけばいいものを

毎回チャリンコ走らせてカギを開けに行ってた。

どんだけチャリンコ好きなんだ俺は。。。。^^;

東京から自転車で富士山までいった小学生の話

もう20往復以上しましたよ。

超疲れた。スーパー疲れた。

全部終わった時夜10時だもん。

朝 8時から現場に行ったのに^^

ママチャリでカギ持って家と現場を往復する。

戦略もクソもない。

徹底的にやることはなんだかんだ重要

完全にゴリ押し技。

自転車に乗ってるときに、もう足がパンパンで辛いとか。
おまけにトラックに轢き殺されそうになったりとかしながらも
何度も何度も往復するだけ。

本当に現場にカギを受け渡しにキーボックス設置すればよかった^^
マジあほでした^^

当時営業周りしていたのは、地元の小さな街だったので、行動範囲はそれほどなかったのと、駐車スペースもなかったので、現場には自転車で回っておりました。

とはいえ、超めんどうくさいので、

そして見積もり見積もり見積もり。

勝手がある程度わかってきたから楽チン。

不動産屋へ届ける。

すると、意味不明レベルの売り上げが発生しました。

1日に3回とか、日によっては10回とか連絡がきたのです。

うれしい悲鳴じゃあ。

毎日予約伝票を入力が楽しくて仕方がなかった。

仕入れをクレジットカードの支払いなんて存在すら忘れていて、期日までにいつの間にか返済されていました^^

さらに、営業した後に見積もり依頼がきて依頼されることが分かったので、地域の不動産屋に営業。

はい、営業です。
難しいことは抜きにして、とにかく営業です。

ネットで調べて営業営業営業。

横展開して、他の地域にも営業。

そしたら、同じような状況下の賃貸物件を扱う不動産は案外あって、さらにガンガン営業をかけられる。

もう空室清掃フィーバーである。

念のためにですけど、
他の物も、リフォームのコンサルティングやコーディネートしてますよ。

その時は空室清掃が特に。ということです。

そうしたらいつの間にか12件くらい施工をしていて、成約率も超高かったので、お金も増えていって、また仕入れにお金が使えるという超好循環。

「空室清掃ありがとう!」

ーーーーーーここまでーーーーーーーー

そんなこんなで、お金は稼げるようになりました。

これはもちろんラッキーだったかもしれません。

ですけど、僕は空室清掃の他に特殊現場の掃除もしていましたし、3LDK空室清掃だけで、1棟まるまる15部屋300万円以上の売上げたこともあります。

空室清掃の話をするとめっちゃおもしろいと言われるので、
どうせなら記事にしてしまえと思い記事にしました。

この記事を見てどう思うかです。

僕は単に運が良いだけでしょうか?

違いますよね。

じゃあ何が爆発的な売上を可能にしているのか?

単に統計的な話で、試行回数が多いだけって話です。

10回やったらだめだった。
11回目にあるかもしれない。

単にそれだけの話ですね。

難しいことではない。

とはいってもゴールが見えない結果がでないのは難しいですよね。

だからこそ賃貸住宅に特化した空室清掃はその点良いな〜と思います。

一瞬で利益が出るのはモチベが変わる

その日に見積もり依頼をくれることもあるから。

例え100円であろうと、自分で稼ぎ出したお金です。

雇われでなくて、独立して稼いだお金です。

この時初めて自分で売上を出した感覚は僕は今でも忘れられません。

これはどんな起業家に聞いてもそうです。

「最初の売上は別だ」と。

僕は原状回復の空室清掃以上に売上を出した掃除は実はあります。
が、大した印象には残っていませんし。

こんな鮮明に思い出すことはできません。

初めてだったから。
初めてだったからこそ覚えているのです。

今売上が出ていない方も出ているけど、芳しくない方も。

1度徹底的にやってみることをお勧めします。

個人事業主や経営者は誰も強制してくれません

自分でマネジメントしていかないといけないのです。

だからこそ 1度でいいので、徹底的にやるのです。

アフィリエイターであれば、1日中引きこもって、2万字とか3万字の文章を書いてみればいいのです。

根性論かもしれませんが、徹底的にやることで、質と量は保たれます。

とはいってもネットビジネスに関してはレバレッジが全力でかかるので、他のビジネスに比べれば、ずっと楽です。

ぜひ学んで、稼ぎましょう。

原状回復工事、並びに空室清掃は、僕の人生を大きく動かしました。

起業をするきっかけを与えてくれたという点で、大きな意味があります。

起業の世界はパラダイスです。
自分で全てを決めることができます。

上司に従う必要もありませんし、謎なルールに縛られることもありません。

空室清掃してから僕の人生はどんどん良い方向へ向かって行きました。

それを詳しく書いたのが下記記事です。

僕がどうやって、空室清掃で稼いだ後に、
仕組みを作って、稼ぐにまで至ることができたのか?

それを語っている記事です。

僕、コバタカの行動理念

追伸

転売を例にあげて、せどりとは?について話しています。商社も元もたどれば、せどりです。といったことを書いてます。
パラダイムシフトが起こるとメルマガで返信をよくもらいます。
「ずらし」で制した事例。「常識」は、知っているか知らないか


 

【メルマガ登録者限定】

ビジネスの基礎がすべて身につく実際にコバタカが使っている手法を余すことなく大公開している有料セミナーをプレゼント!!!

メールマガジンの登録はこちら