Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

インプットアウトプットどう勉強?コピーライティングどっちを重視?

この記事は4分で読めます

インプットアウトプットどう勉強?コピーライティングどっちを重視?

 

今回は、コピーライティングを学ぶ上で

インプット勉強重視で学べばいいのか?

アウトプット勉強重視で学べばいいのか?

についてお伝えして行こうかと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

インプットアウトプットどっちを重視?

まず、重視で上げるとすれば、アウトプットに

8割の比重を上げて、頂きたいと思います。

ネットビジネスの世界というのは、

実力と結果って言うのが比例して行くものって

考えられているんですね。

 

 

実力=結果なんですよ。

 

 

このような比例して考えられているので、

実力と言うもの正しく持っていない場合は

結果が出ないんですよね。

本当に実力がそのまま結果に反映される市場

なんですよ。

 

 

だからこそ、完全実力主義って言うのが

ネットビジネスの世界だなと思っています。

本当に、実力あるのに稼げないって言うのは

基本的にいません。

 

 

なので、実力がないって言うことは、

稼げない。

稼げていないんだったら自分は

今、実力がないんだなって言う風に

思っていただけるといいと思います。

 

 

実力とかをつけるに当たって

重要なのは、やっぱアウトプット

なんですよね。

アウトプット。

 

 

まず、知識をだったり理論を1回詰め込んで

詰め込むっていっても適切な量でいいので

少し入れるんですよ。

少しいれてそれを実践を積んでいくって

ことが重要で、私も外注化って言うのを

やる時には、実際にインプット量って

少なかったんですね。

 

 

プライドと言う教材をみて、ひたすら

実行していく、とりあえずやるって感じです。

とりあえず実践を積みながら

そこで鍛えて行くって感じだったんですね。

だんだん実力を付けていく感じなんですよ。

でも、最初から実力は付かないんですよね。

 

 

もちろん、赤ちゃんの状態で

そんな稼げる、結果が出せるようになるなんて

ことはありえない訳で、それって言うのは、

ビジネスの世界って言うのは完全実力主義

って言うことで厳しい訳なんですよ。

 

 

なので、簡単に教材をやったからと言って

稼げるという訳ではないんですね。

そこから、しっかり学んで

改善して努力して行く、そう言う部分が

非常に重要になるんですね。

 

 

努力することによって、どんどん実力が付いて

結果、稼げるようになって行くってような感じ

になります。

 

 

文章って言うモノは、

脳が生み出している訳なんですよね。

コピーライテイングって言うのは、

自分の脳の中に入っている情報だったり

その文章、情報って言うのを元に

脳が思考して考えて、それをアウトプットして

行く訳なんですよ。

 

 

文章を想像して作って行くって言う部分は

やっぱり脳が活性化されて柔軟になった。

柔軟になると上手く作れるように

なっていくんですね。

 

 

だから、脳も筋肉と一緒で、

鍛えて行くって言う部分が、

本当に重要なんですよ。

 

 

繰り返し繰り返し鍛錬して活性化していくと

凄い強じんな脳が、作られて行くんですね。

強じんな脳。

 

 

どんどん鍛えて行くことによって、

文章を生み出すときにも上手く書けるように

なるってことです。

 

 

だからこそ、脳トレ=筋トレって言う感じで

やって行ければと思います。

 

 

インプットアウトプット野球の例え

野球とかで例えますけど、

ホームランを打つためには、まずは理論を

少しだけ入れて、その理論を元にバットを

バットを振って何度も何度も何度も不素振りを

すると思うんですよ。

 

 

理論だけだと感覚って

やっぱり使えめないんですね。

理論がわかってもボールを

捉えることができない。

 

 

だからこそ、何回も何回も何回も練習をして

どんどん、こう言う風にして

やればいいんだって言うことを

体で覚えてリとか脳みそで覚えたりして

考えることによって、やっとこホームランが

打てるようになるんですよね。

 

 

なので、試行錯誤だったりとか

鍛錬とか、そう言う努力って言う部分が

凄い重要になるんですよ。

 

 

だからこそ、理論だけを学ぶのではなく

理論とアウトプットの比重を

2:8の割合ぐらいにして、

どんどんアウトプットして書いって

頂きたいんですよね。

 

 

書くって言うことは、本当に重要です。

 

 

アフィリエイターとしてインプットアウトプット

やっぱりアフィリエイターとして

やりたいのであれば、ネットビジネスで

仕事をしたいのであれば、

実力を付けるしか結果がでてこないんですよ。

 

 

結果をだすには、理論ではなく

実践をしてアウトプットしていく

経験していくっていうことが

重要になるんですよね。

 

 

そうじゃないと結局

実力がつかないんですよ。

実力がつかないと結果的に

稼げないってことなので、

どんどん私は、アウトプットして行くてこと。

 

 

そして、実力を付けるって言うことを意識して

頂きたいんですね。

稼ぐと言うことを意識していると

稼がなかった時にモチベーションが下がって

しまうんですよ。

 

 

あぁ、稼げないわーとか

それ、凄い私もあったんですよね。

最初の頃とか

ホント稼げなくって辛かった時って言うのは

モチベが下がっていましたし、そのときは、

実力を付けると言うより結果を重視して

いたんですよね。

 

 

10万円稼ぎたいとか

そう言うことを意識していました。

そう言う時って、実力が上がらないんですよ。

実力を上げるためには、スキルを付けることを

意識して書いていくってことが

重要なんですね。

 

 

なので、稼ぐことを意識するのではなく、

実力を付けることを意識して行くべき

だと私は、思っています。

そうすれば、自己スキルの向上によって

成功していると言う実感が湧くんですね。

そうすると面白いですし、

楽しくもなるんですよ。

 

 

楽しくなって、実力も付いていく

そう言う内に、どんどん結果が付いてくる

ものなんですね。

 

 

だからこそ、

このインプット、アウトプットの

バランスを取りながら、

この実力を付けることを意識して、

コピーライテイングだったり

その文章を学んでいただければと

思います。

 

 

と言うことで今回お伝えしたいことは

以上となります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には物語ストーリーがある
  2. 読み手を意識する読みやすい文章の書き方2つのコツとは
  3. より良い未来のためにコピーライティング技術の良い未来&悪い未来
  4. 論理的な文章を例にトレーニング!絶対理由は必要なんだよ!
  5. 人が感覚的3つの生理的欲求に訴えるコピーライティングの書き方とは
  6. 希少性を使ったマーケティング心理テクニック