Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

五感を刺激し脳に記憶するコピーライティングのテクニックを使う!!

この記事は3分で読めます

五感を刺激し脳に記憶するコピーライティングのテクニックを使う!!

 

今回は、五感を刺激し脳に記憶する

コピーライティングのテクニックを使う

お伝えしていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

五感とは

五感と言うのは、

視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の5つ

なんですけれども、この部位って言うのは

全て脳に記憶を持っているんですね。

脳に記憶するんですよ。

 

 

視覚で見たものを脳に記憶するし

聞いたものを脳に記憶する。

嗅覚も匂いを脳に記憶するし

味覚も味を脳に記憶するし

触ったモノも脳に記憶しますよね?

 

 

このような感じで人は

この5つの感覚で、全て世界を体感している

訳なんですね。

この視覚だったり聴覚だったり

って言うのは、そこに記憶が

存在する訳なんですよ。

 

 

リンゴと言うふうに言葉を聞くと味を

イメージすることもできるし

触った感覚をイメージすることもできるし

匂いをイメージすることも

味をイメージすることもイメージを

見たまんまをイメージすることも

できるんですよね。

 

 

赤と聞けば赤色をイメージすることができる。

そう言う感じで色んな部分で、自分の中で

脳に記憶が定着しているんです。

脳に記憶がのか残っている。

脳に記憶を保存しているんですね。

 

 

五感で1番最も良い感覚って言うの?

この5つの感覚の中で、

1番最も良い感覚って言うのが

視覚なんですよ。

反応するコピーを取れるって言うのは、

この視覚にイメージさせるっていうのが1番

いいんですよね。

 

 

1番いいですし、ほかの体感その感覚を

体感する記憶をよみが入らせるような

コピーを書くといいコピーになるんですよ。

 

 

例えば、リンゴを売るためのコピーを作る時に

「これは、とても美味しいリンゴです」と

いっても売れないんですよ。

あ、そうですかってなってしまうんですよね。

それは、本当に抽象的なイメージしか

伝わらないからです。

 

 

じゃあ、このリンゴを売るには

どうしたらいいのかって言うことで

5つの感覚を刺激するテクニックを使って

イメージさせていく部分が重要なんですね。

 

 

例えば、こんな感じです。

「太陽の光をたっぷりと浴びて育った

香り豊かな赤りんご、豊潤な甘い甘い蜜が

いまにも、こぼれ落ちそうに

したたっています」みたいな感じ。

 

 

そう言う風に、することによって

太陽の光だったりとか

真っ赤なリンゴって言うところ

視覚イメージをさせて上げたりとか

甘い甘い蜜って言うところで

嗅覚だったり味覚って言う部分を刺激する

刺激してあげるんですね。

 

 

こう言う風に、少し長くてもいいので、

相手にイメージさせるようなコピーを

書いて行くと、凄い良い文章になります。

 

 

コピーライテイングに使えるテクニック

このコピーライテイングって言うのは

本当に普通の記事の中でも

売るための記事の中でも、どちらでも

使えるテクニックなんですよ。

 

 

レビューコンテンツにでも使えるし

Q&Aコンテンツにでも使えるし

もう、プロフィールでも使えますし

どんなコンテンツで、あれども

コピーライテイングと言うのは

使えるんですね。

 

 

これって言うのは、会話の中でも使えますし

コミュニケションの中でも結構

重要な部分にもなるんですよ。

やっぱり赤いリンゴって言われても

わからない訳なんですよね。

 


ですが、こういう風に

イメージさせてあげる事によって

相手って言うのは、凄いイメージをしてくれる

イメージさえしてくれれば、一緒になって

楽しむことができるんですよね。

 

 

自分が感じたことを相手と一緒に共有できる

やっぱり共有させるって言うのは

イメージさせるって言うのが重要なんですよ。

 

 

なので、イメージさせるように、

頑張って記事を書くって言うところが

重要になりますね。

 

 

って言うところで、

今回のお伝えしたいことは、以上となります。

五感を刺激すると言うテクニック

と言うことでした

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人が感覚的3つの生理的欲求に訴えるコピーライティングの書き方とは
  2. 論理的な文章を例にトレーニング!絶対理由は必要なんだよ!
  3. 人を引き込む(惹きつける)文章の書き方には物語ストーリーがある
  4. コピーライテイングの本におすすめの本がない理由
  5. インプットアウトプットどう勉強?コピーライティングどっちを重視?
  6. 【初心者必見】何倍も記事を作るのが楽になる方法!