僕が使う便利なメモアプリのエバーノート活用法3つの機能使うだけ!

まいど、コバタカです。

僕が使っている便利な使い方のできるメモアプリであるエバーノート(evernote)の活用方法を教わったことまとめてみますね。

初心者がエバーノートを使う分には全く困らない3つ、重要なのは。

エバーノート 3つの活用方法まとめ

  • メモ機能
  • 共有機能
  • Webclipperによる保存機能

メモ機能

メモ機能がわかるだけで十分エバーノートを活用することができる。

メモ機能はもちろん超使える。

2年も使ってみて思うが、基本的にはそんなに難しい機能は僕は使わない。

メモをタブで分けることができるくらいですかね。
実際に使っているのは。

もちろん、僕のアンドロイド・スマホで使えるし、ノートパソコンでもiPhoneとiPadやMacで全てのメモを見ることができる。
その辺はクラウドが進んでいるから大丈夫。

パソコンでメモったものをスマホで復習する流れである。

共有機能

また共有シェアに関しては自分でメモったものを親友やコミュニティの人間にシェアすることが簡単にできて、かつ保存がきく。

LINEとかのトークだと、即流れてしまうが、エバーノートに突っ込んでシェアすればそれも安心。

Webclipperによる保存機能

webclipperに関しては実際に使ってみてもらうのが一番早い。

即ブログやwebページを保存することができる。

最大の強みはローカルで保存できることである。

で、動画を見て貰えばわかるのだけれども、エバーノートはメモアプリである。

で、メモはして初めて意味がある。

そして、反復して初めて意味がある。

僕は記憶法などのコンテンツも作っているのだが、ベースの考え方は、反復学習である。

なので、エバーノートにせっかくつっこんだら、毎日1分でもいいので、見返すことで学んだことが非常に身につくのは断言できる。

いくらメモったところで、実際に見返さなければメモの意味は消滅する。

ツールというのは使って初めて意味があるもので、使われたら意味がない。

受験生の時代を話すと、

一時期は参考書を浮気してやりまくっていた。

何冊も何冊も買ってはちょっとだけかじり、結局身につかない。

ことが多々あった。

こんな受験生は非常に多いと思う。

これは、はっきり言って、最低の状態であり、偏差値が全く上がらない可能性が高い。

まぁ僕も参考書をたくさんやることで伸びると思っていたのだが、それはのちに完全に全くの見当違いだとわかった。

新しいことを勉強するのは楽しい。
反復とは一般的にストレスになることだ。

だけれどもスキルや知識を身に付けるためには、反復は不可欠である。

効率的に勉強するためには、反復だけではダメで。

抽象的な情報と、具体的な情報を相互で行き来できる思考が必要になってくるのだけれども。
ベースがやはり反復である。

ちなみに抽象×具体的な情報の使い方に関しては、メルマガでかなり話しているので、ぜひ見て欲しい。

世界が一瞬にして変わる。
情報の受け取り方が段違いに変わるから。

動画を見れば、1通り使えるようになるはずなので、ぜひぜひ、15分くらいのものなので、見てくれたらなと、思う。

 

【メルマガ登録者限定】抽象×具体的な情報の使い方に関しての

メルマガ登録こちら