Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アフィリエイト最初に取り組む案件選び「売れるものを売る」が鉄則!

この記事は7分で読めます

アフィリエイト最初に取り組む案件選び「売れるものを売る」が鉄則!

はじめての案件選び「売れるものを売る」が鉄則!

はじめての案件選びは「売れるもの」を! 

訪問者の役に立つ記事を!

公正な表現で商品のことを伝えよう!

と言って来ましたが、私がここで、「売れるものを売る」と言うと、 「売りたいものを売らないんだったら、本当の正直なレビューなんて書けないじゃないか!」 と思う方がいるかもしれません。

 

しかし、私の意見は違います。 

 

売れるものを、メリットもデメリットもきちんと伝える、ことが大切なのです。

前にも言いましたが、アフィリエイターは、広告主の販売サイトへ送り出す、アフィリエイトリンクをクリックさせるまでが仕事だといいました。 

 

そこから先は、広告主が頑張る領域になります。

それなのに、売ろうとするアフィリエイターや記事が多いので、「アフィカス」とか言われるんです。

汚い言葉ですが、アフィリエイトに興味のない人からすると、悩み事を解決しようと検索したら、広告だらけで、買え!買え!と言わんばかりの記事だと、腹も立つわけです。 

 

私達の仕事は、アフィリエイトリンクをクリックして、広告主のサイトへ連れて行くまで、です。

なので、行った先で、売れるものでないと成果が上がらないのです。

広告主のサイトが売れないとしたら、売れる指数がゼロです。 

 

アフィリエイターが何人送り込んでも、売れないサイトの売れる指数ゼロを掛ければ、答えはゼロです。

ゼロでなくても、売れる指数の数値が低ければ、私達の成果も低くなります。 

 

なので、まず、売れるものを売る!

を徹底して頭に入れておきましょう! 

 

じゃあ、売れる案件って何なの?

ということで、引き続きこのページでお伝えしていきますね。

 

 

成果発生地点に注意!

成果発生地点を見誤ると大損に! 

アフィリエイトする案件を紹介するときに、必ず把握しておかないと行けないのは、成果発生地点です。 

 

より、敷居が低い地点での成果発生案件を選ぶほうがいいです。

アフィリエイト全般で、初心者が始めるのにいいと言われるのが、「無料登録」案件です。

出会い系アフィリエイトが代表的ですね。

 

無料で登録や無料でアプリをダウンロードした時点で成果になる案件が多いです。 

 

それと正反対とも言えるのが、クリニック系の案件です。

「AGA クリニック」「脱毛クリニック」「痩身エステ」などです。

 

アフィリエイト最初に取り組む案件選び「売れるものを売る」が鉄則!

 

  • 「メール相談」で OK 
  • 「電話相談」で OK 
  • 「来院だけの無料相談」で OK の案件 
  • 「お試しコースだけで OK」の案件
  • 「リピートも OK だけどお試しはダメ」の案件 
  • 「お試しコース終了後の継続客獲得」まで行かないとダメな案件

下に行くほど難易度は上がります。

報酬単価はそれほど高くはなくても、できるだけ敷居の低いものを選ぶといいです。 

 

徐々に、成果地点を厳しくしてくる案件も多いので、ASP からのお知らせメールは見るように心がけましょう。 

 

物販・通販の案件は、無料登録より敷居が高いですが、その分、報酬も高いのでやりがいはあります。

物販でも気をつけたいのは、「初回購入限定」の案件です。

実際、初回購入しか成果が発生しない(要は、その商品を買うのが 1 回目)という案件のほうが多いと思います。 

 

なので、新製品はいち早くレビューすることをおすすめします。

よく売れていた案件も、時間の経過とともに、発生件数が落ちていくことがあります。

その商品を買うときに、その訪問者が検索したキーワードでずっと上位表示していると、同じ人がまた訪問して買うようになります。 

 

広告主としては嬉しいことでしょうが、アフィリエイターにとっては死活問題です。

専門的なキーワードを入れ込んだ記事をどんどん増やす、流入キーワードを増やす、ということをしていく必要があります。

 

 

同ジャンルやキーワードの上位ランキングサイトが推しているもの

ライバルサイトに答えはある 

ランキング形式のアフィリエイトサイトで、上位表示されているサイトは、そのジャンルの案件でどれが売れるかを、すぐに教えてくれます。

いつまで続くかわかりませんが、現在の状態を見てみましょう。 

 

育毛剤をレビューしようとした場合に、「育毛剤 ランキング」と検索してみます。

  1 位 2位 3位 4位 5 位
1位のサイト ブブカ チャップアップ 薬用ブランデル ポリピュアEX イクオス
2位のサイト イクオス チャップアップ ナノアクションD ナノインパクト100 バイタルウェーブ
3位のサイト チャップアップ ポリピュアEX ナノアクションD フィンジア REDED
4位のサイト チャップアップ フィンジア ブブカ ポリピュアEX デルメッドヘアエッセンス
5位のサイト チャップアップ イクオス ブブカ フィンジア モンゴ流Deeper3D

※楽天のランキングと女性用のランキングは省いています。

 

どうでしょうか。

「育毛剤」だけでも見ておいたほうがいいですね。

ですが、これだけでも傾向はわかると思います。 

 

チャプアップがいいんだろうな、という想像ができます。

ブブカ・イクオス・ポリピュアEX・フィンジア・ナノアクション D あたりは次に押さえておこうかな、となりますよね。 

 

「キーワード+ランキング」でなくても OK です。

「薄毛 対策」や「ハゲ 改善」などいろいろな言葉で検索してみてください。 

 

とにかく、他のサイトを見る、ということは始めるときには勉強になります。

どんどん参考になるサイトを見つけていきましょう。

 

 

報酬率の高いものを選ぶ

報酬率の高い広告を選ぶ 

3,000 円の報酬を得るために、いくらの商品を売ればいいか… 

  • 10,000 円の育毛剤を売って、3,000 円の報酬を得る 
  • 5,000 円の育毛剤を売って、3,000 円の報酬を得る 

5,000 円の育毛剤を売るほうができそうですよね。 

 

はじめての案件選びは、これだけで決めるわけではありません。

やはり、売れるものを売らないといけませんし、ライバルサイトが見向きもしていない商品では、おそらく売れないのでしょう。 

 

ですが、はじめてではなく、いくつか目の案件選びのときには、この選定方法で選んだものも扱ってみるのもいいと思います。 

  • 1,000 円のものを売って 1,200 円の報酬がもらえる 
  • 3,000 円のものを売って 3,500 円の報酬がもらえる 

こんな感じの案件もあります。

広告主は、定期購入の 2 回目以降でも受けるつもりだからです。 

 

以前、株式会社アスカコーポレーションの南部昭行社長がこんなことをテレビで言っていました。 

 

「私共の化粧品は本当にいいものです。1 回買っていただきさえすれば、その良さがわかっていただけると思います。できることなら、お金を払ってでも 1 回使っていただきたいです。」 

 

というような感じのことをおっしゃっていました。

それほど、初回購入までの道のりは険しいそうです。 

 

なので、私達は、そのお手伝いをするのですから、しっかりと、アフィリエイト報酬はいただいていいんです(笑)

遠慮なくいただきましょう! 

 

10,000 円の商品を売って、3,000 円もらう案件を扱っていて、ある時、特単をもらった途端に、報酬が 10,000 円になった、ということは普通にありますから、ASP の方に聞いてみるのもいいかもしれません。

答えてくれるかどうかはわかりませんが、聞いてみる価値はあると思います。

 

 

テレビやメディアで露出の高いものを選ぶ

既に認知されているから壁が低い 

テレビの CM や雑誌、電車の中吊り広告などの広告は、私達の生活に入り込んでいて、その商品に対して既に理解があります。

なので、実際の商品を見たときに、迷うことなく買い物かごにいれてしまいます。 

 

ネットをうろうろしているときも、気づかないうちにいろんな広告を目にしています。 

 

悩み系を解決するためのものは、買っているところを人に見られたくない場合が多いです。

しかし、CM や広告は流れているので知っている場合があります。 

 

悩みを改善しようと買い物をするときに、同じような価格帯で特徴も似通っている、レビューも同じような評判、というときには普段からテレビの CM で見ているもののほうが安心感があるので選択されやすい傾向があります。 

 

もちろん、テレビ CM が流されているような案件はライバルも多いですが、他のキーワードで流入してきた訪問者にも買ってもらいやすいです。 

 

報酬率が低すぎたり、条件が厳しすぎる場合でも、アクセスを集めるためには狙うのもありです。

育毛剤で言えば、「リアップ」は報酬の高いアフィリエイト案件はありません。

しかし、「リアップ」集客しておいて、副作用の心配が無いのはこちら、と別の育毛剤へ誘導する、という手法もあります。 

 

報酬単価が低いものは、はじめての案件にしないほうがいいですが、集客を見込めるのであれば、ゆくゆくは攻略してもいいかもしれません。

 

 

実際に見て、買って、使ってどうだったか

実際に販売ページを見て、ときめくかどうか 

まず、実際になあたが案件の販売ページを見に行きましょう。

販売ページの表示が遅いかどうか、からチェックします。

ぱっとページが開いたときにあなたがときめくかどうか。 

 

読みやすいかどうか、わかりやすいかどうか、買いたくなるかどうか、あなたが実際に体験しましょう。

販売ページ(以下、LP)がきれいなところは、売れやすいですから。 

 

2 カラム LP はダメ 

▼1 カラムは、集中して LP を最後まで読んでもらいやすいのに対して、2 カラムは横のサイドバーの情報に視線が移るので、集中して LP を最後まで読んでもらいにくいのです。 

 

結果的に、LP の一番下の購入ボタンまでたどり着けない訪問者が続出します。

仮に下までたどり着いても、サイドバーで気になる情報があれば、そちらのページへ移動してしまいます。

アフィリエイト最初に取り組む案件選び「売れるものを売る」が鉄則!

 

購入完了までたどり着きやすいか 

実際に購入完了までがどんな工程が待ち受けているのかは知っておいたほうがいいです。

商品も良さそうで、LP のもよく作られていても、カートのシステムが使いにくければ、最終的に購入されません。

 

なので、実際に購入しないとしても、購入ボタンの手前までは確認しておきましょう。

何クリックで購入が完了するのか?わかりやすいか?などをチェックしておきましょう。

 

自分で買ってよかったもの 

実際に自分で購入してレビューすることを推奨しています。

しかし、以前買ったり、レビューのために買ったりして、良くないと思ったものは気持ちが入らないのでレビューしにくいでしょね。 

 

少しのデメリットなら、はっきりと使える事によってサイトの信頼性が上がりますが、メインに扱う案件からは外したほうがいいかもしれません。

メインに扱う案件で無ければ、デメリットをたっぷり書いても構いませんから。 

 

良くなかったからといって、誹謗中傷や事実以上の批難はいけません。

事実を伝える程度に留めましょう。

 

 

ASP に聞く

ASP に聞いてみよう 

これは、確実なようで掛けの部分もあります。

ASP の方の中には、売れる案件を教えてくれるのではなく、売って欲しい案件を伝えてくる場合があります。

そのため、絶対安全な豊富とは 100%言い切れないところがあることだけは頭の片隅に置いといてください。 

 

いきなり、アフィリエイトを始めたばかりの人が教えもらえるのか不安ですよね。

しかし、ここは、勇気を振り絞って聞いてみましょう。 

 

各 ASP にはお問い合わせフォームがどこかにあるはずです、そこからメールしてみましょう。 

 

私が初めの頃送った文面はと言いますと… 
==========================================
はじめまして、○○○○と申します。 

最近、育毛ジャンルのアフィリエイトをはじめました。 

 

まずは、月 30 万円ほどを稼げるようになりたいと思っています。 

 

そこで、御社の育毛剤の案件で、初心者でも売れやすい扱いやすい案件を教えていただけませんでしょうか。 

 

今後、成果を上げて、 末永いお付き合いが出来ればと思っております。 

 

お忙しいところお手数ですが、 よろしくお願いいたします。 

 

○○○○

 

============================================

と、こんな感じでした。 

 

全くはじめてでも情報をくれた ASP もありました。

丁重に断られたところもありますけども(汗)

ちょっとでも情報が GET できればプラスでしかありませんから、聞いたもん勝ちです。

 

 

報酬単価は何円以上のものを扱うのか

単価はいくらから狙うのか 

ジャンルによって違うので一概に言えませんが、デフォルト状態で 3,000 円以上の案件をメインにはしたいですね。 

1,500 円の美肌クリームを売って、2,000 円の報酬なら OK ですし、10,000 円の化粧品を売って 2,000 円ならちょっと考えます。

なので、一律、何円以上の報酬単価なら扱いましょう。

ということは言えません。 

 

商品代金の半分はデフォルト状態でほしいですね。

10,000 円の商品を売ったら 5,000 円の報酬がもらえるもの。

5,000 円売ったら 2,500 円もらえるもの。

そこから数を売れば、特単がもらえますから。 

 

そうです!

はじめに特単だとどれくらいまで上がるのか聞いてみるといいです。

何件くらい売れればいくら、というようなテーブル型の報酬が決まっている案件なら教えてもらえますから。 

 

ということで、単価はいくらから扱うのか?

という問いには、報酬率が高いもの、ということになります。

サイトが育って来て力が付いてくれば、いろんな案件を紹介すればいいですから、はじめのうちは売れるもので、報酬率の高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アフィリエイトの準備にブログ・サーバー・ドメインを用意しよう!
  2. 7つの ASPの登録方法と審査に落ちたときの対処法2つ再チャレンジを!
  3. アフィリエイトのジャンル選定4つの流れでジャンルを絞り込む事とは
  4. アフィリエイトの仕組みやメリット・デメリットを知り稼げるように!