Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

読み手を意識する読みやすい文章の書き方2つのコツとは

この記事は2分で読めます

読み手を意識する読みやすい文章の書き方2つのコツとは

今回は、読み手を意識する

基本的な内容になるんですけれども

その基本についてお伝えしていこうかと

読み手にストレスを与えない

読み手を意識する読みやすい文章の書き方

2つのコツをお伝えしていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

やっぱり読み手にストレスを与えてしまうと

それが、読まれなくなってしまうんですよね。

一瞬で閉じられてしまう。

って言う部分がどうしてもあるんですよ。

 

 

なので、ここは非常に大切だと思いますし、

逆に当たり前だろって思われるかも

知れないんですけれども

まぁ当たり前にできていただければと

思います。

 

 

文章そのもの根本部分が崩れてしまっている

まずなんですけど、

文章そのものの根本ですね。

根本の部分が崩れてしまっているような

ものですね。

 

 

おかしな文章たまにあるんですよね。

句読点が使えないだったりとか

言い回しがちょっと難しいとか

使えない人ってたまに入るんですけど

 

 

そういうような基本的な部分とかが

まずできないとダメだなっていう風に

思いますし、あとは難しい言葉をつかわない

っていうのも凄い大切です。

 

 

書くときは小学生でもわかる。

小学生でも読んでわかるような

文章をかいていく。

小学6年生でもわかるような文章を

書いていくと良いです。

 

 

本当に難しい単語を入れてしまうと

難しく見えてしまってハードルが高くなって

しまうんですよね。

やっぱハードルを感じると人ってすぐに

とじたくなってしまうので、

そこで閉じられてしまう可能性って言うのが

かなり高くなるんですよね。

 

 

だからこそ、小学生でもわかるような

簡単な内容でわかりやすく書いていったら

いいなって思います。

 

 

結起承転結で書いていく

あとはですね。

起承転結。

 

 

結から入るっていうような

感じなんですけれども

最初に結論を述べて文章の書き出しを

書いていくような感じです。

 

 

結論は最初短く書いていくんですよ。

結起承転結で書いていくっていう部分ですね。

 

 

もうこれっていうのは、

当たり前っていえば当たり前なんですけれども

やっぱり最初、何を教えてくれるの

っていうことをわからないと

何か謎のまま進むんですよね。

先に知っておくことに寄って、

あぁ、そういう内容がくるんだなってことが

わかるんですよ。

 

 

だからまず最初に結。

起承転結で書いていく

っていう部分が重要になります。

 

 

こういう風に書いていくだけで

かなり分かるようになるので

ストレスを与えない文章が書けるんですよね。

 

 

まとめ

なのでまずは、結論から述べて文章を

書き出していくことと

 

 

言い回しとか

凄い文体とかじゃーなかったら大丈夫です。

小学生にわかりやすく自分で音読して

読んで、へんじゃないかっていう部分ですね。

 

 

音読すると良いです。

音読すると。

 

それだけで、かなり変わっていくので

自分の文章を書くときに読んで見てください。

 

 

っていうことで

今回お伝えしたいことは以上となります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 論理的な文章を例にトレーニング!絶対理由は必要なんだよ!
  2. インプットアウトプットどう勉強?コピーライティングどっちを重視?
  3. より良い未来のためにコピーライティング技術の良い未来&悪い未来
  4. 五感を刺激し脳に記憶するコピーライティングのテクニックを使う!!
  5. コピーライティングの練習はアスリートと同じ毎日言葉を文章を書く!
  6. コピーライテイングの本におすすめの本がない理由